目の使いすぎに要注意!血行不良や冷えによってドライアイが悪化!!
33views

目の使いすぎに要注意!血行不良や冷えによってドライアイが悪化!!

ドライアイが悪化する原因は目の使いすぎが原因です。目を酷使すると目の周辺の血流が悪くなり冷えていきます。その結果、涙が出にくくなったり、目の疲労に気がつきにくくなるなど適切な感覚が乏しくなり目の疲労に対処することが遅れがちになります。基本的な対処として目を温めることやマッサージをすることが有効です。

ドライアイが悪化する原因

ドライアイが悪化する原因

ドライアイは単純に目が乾くということですが、目は本来瞬きや涙によって潤っていることが正常な状態です。

目が乾くということは単純な症状であり、さらに失明などのように重大な病気にすぐに繋がるものではないため軽視されがちです。しかし、ドライアイは目の見えを悪くするため、日常生活の多くの場面で不都合を感じます。一般生活の中では仕事が学習でも目で見て行うことが極端に多いからです。

このようなドライアイを悪化させる原因には長時間、目を酷使する車の運転やパソコン作業、コンタクトレンズの装用、涙の出を悪くする薬の服用などがあります。基本的には習慣的な行動によって悪化することが多くあります。適度に目を休ませることが悪化を防ぐために有効な方法です。

ドライアイは増えている?!

ドライアイは増えている?!

ドライアイは習慣的に悪化することが多いと言われていますが、現在、およそ1万人から2万人の患者数がおり、その患者数は年々増えていると言われています。

とくにホワイトカラーと呼ばれる知能労働者、もしくはオフィスワーカーの職種の人では3人に1人がドライアイであるという調査結果もあります。このようなドライアイは涙の量や質の低下によって引き起こされるものです。

このため、症状として目の乾燥感だけでなく、痛み、まぶしい、疲れ目など、目に関する様々な不快感のこと指します。

ドライアイで視力は低下する!

目の不快症状が気になるドライアイですが、このような症状が続くと視力の低下が引き続いて起こることが知られています。

そのため、目の不快症状を目薬や鎮痛剤などで抑えることは短期的には効果的かもしれませんが、長期的な対策として有効ではありません。さらに、ドライアイを放置すると目の表面に小さな傷ができ、目の不快症状だけでなく、あらゆる目の病気の原因になると言われています。

ドライアイの悪化を防ぐ3つの方法

【1】温める

温める

ドライアイの原因は水分の不足ではなく、目の周りの冷えに問題がある場合が多いようです。

とくに長時間、目を使うことで目の周りの血流が悪化して目の周りの温度が下がると適切な水分を維持することが難しくなります。また、目の周りの冷えが常態化すると目の疲れや乾きに気がつきにくくなります。そのため、目を休ませるタイミングを逸し気が付いたときには「極度に疲労していた」ということになってしまうのです。

【2】目の周りをマッサージする

目の周りをマッサージする

ドライアイの改善と予防には目の周りのマッサージも有効です。

強い力ではなく、気持ちよいと感じるように眉毛や目の下を中心にマッサージすることで血流が改善されて疲労を解消する効果が期待できます。短い時間で目の疲労を改善したいときにはとくに有効です。

マッサージする間は目を閉じるようにして行うとそれだけでも目の負担を減らすことになります。くれぐれも目の休憩と称してパソコンディスプレイや活字を見て目にさらなる負荷をかけないようにしましょう。

【3】オイルケアを行う

オイルケアを行う

Eye dilation / National Eye Institute https://www.flickr.com/photos/nationaleyeinstitute/7543731366/

目の健康を回復するために有効な民間療法としてひまし油を目薬として使うという方法があります。

この方法は質のよいひまし油を使うことが前提ですが、目の乾燥を改善するだけでなく、視力の回復や表面の傷に対しても効果があると言われています。このような効果が期待できるのはひまし油が細胞の回復を促す効果があるためと言われています。ひまし油を目にさすと、一時的に視界がぼやけるので差すのは寝る直前に行うようにします。

PR