ブルーライトカットの効果はある?ブルーライトが有用なときもある?!
22views

ブルーライトカットの効果はある?ブルーライトが有用なときもある?!

ブルーライトカットの効果は人によって異なると言われています。もともとPC作業の多い人向けのものですが、効果が乏しい人は運動不足や長時間の座位などで血行不良のため不健康になりやすい状態にあることが多いようです。ブルーライトには悪影響がありますが、日中には作業効率をあげるという利点もあります。

ブルーライトカットの効果は思い込み?!

 ブルーライトカットの効果は思い込み?!

最近では、テレビやPC、スマートフォンで液晶ディスプレイを目にする機会が増えてきました。これに伴って、頭痛や目の痛み、睡眠リズムの変化など体の様々な部分に健康被害をもたらしていることが指摘されるようになりました。これらの害から身を守るためにブルーライトカットのメガネが発売され大ヒットになっています。

しかし、一方でブルーライトカットの効果は思い込みであると指摘する人もいます。

ブルーライトカットでも健康が改善しないのはなぜ?

ブルーライトカットでも健康が改善しないのはなぜ?

実際にブルーライトカットの商品を利用しても、頭痛や疲労感に変化を感じなかったという人も少なくありません。

これはとくにPC作業を日常的に行う人ではブルーライト以外にも長時間の座位や運動不足による血行不良などによって引き起こされる健康被害も大きいため、ブルーライトカットの商品だけでは効果を実感できない人がいてもおかしくはありません。

また、適正にブルーライトカットできていない商品も多いようです。不必要なブルーライトをカットするためにはどのシーンでブルーライトのカットを行いたいのかを明確にすることです。

例えば、ブルーライトカットのための商品にはメガネの他、透明なシート状のもの、時間によって画面の輝度設定を変更してくれるアプリなどがあります。

カットしない方がよいブルーライトもある?!

カットしない方がよいブルーライトもある?!

ブルーライトカットという言葉が生まれてから、ブルーライトはよくないもの、というイメージが強くなりました。

しかし、ブルーライトはそもそも自然界に普通に存在している色です。例えば、空の青い色はまさにブルーライトです。空の青さが悪いものだという人はいないでしょう。

しかし、ブルーライトという言葉になると何かしら人工的なよくないものになります。それでは実際にブルーライトが人体に悪影響なのかというと、実はそうでもないという研究結果もあります。それによると、ブルーライトを目にすることは精神的に落ち着き、作業効率が上がり、やる気がでると言われています。

また、ブルーライトが目に入ることでホルモンバランスが整ったり、交感神経が働きやすくなると言われており、そのため、ブルーライトは日中にはむしろ積極的に浴びたい光なのです。

ブルーライトは浴びる時間帯が問題になる

ブルーライトは浴びる時間帯が問題になる

問題となるのはブルーライトを夕暮れ以降、深夜まで浴びることです。

ブルーライトを長時間浴びつ続けると、目の疲労の他、神経が休まることができません。その結果、睡眠の質が低下し、長期的には大きな健康被害の原因なります。おすすめの方法は日中の午後3時からブルーライトをカットすることです。こうすることで日中は集中して仕事や勉強ができ、夜はきちんと眠ることができます。

青少年ではとくに影響は深刻になる

青少年ではとくに影響は深刻になる

ブルーライトカットの効果がもっとも期待されるのは青少年の体内リズムの調整効果です。

思春期の時期は男女ともに自律神経が乱れやすく、そのために睡眠リズムが乱れやすい時期です。この時期に深夜までスマートフォンなどの画面を長時間見続けることは睡眠の質を浅くしたり、入眠を妨げる要因になります。

この時期に十分な睡眠がとれないことは体の成長にもよくないばかりでなく、心や脳の発達にも影響すると言われています。そのため、ブルーライトの害から青少年を守るためにブルーライトカットの商品は積極的に活用すべきと考える専門家も少なくありません。

PR