夏に要注意!まぶたの周りにぶつぶつが出来る汗管腫!汗管腫には、漢方薬が効くって本当?気になる対策は?
8,605views

夏に要注意!まぶたの周りにぶつぶつが出来る汗管腫!汗管腫には、漢方薬が効くって本当?気になる対策は?

汗管腫という言葉を聞いたことがりますか?汗管腫とは、まぶたの周辺にイボのようなぶつぶつが出来てしまう病気です。症状がひどいとメイクでも隠し切れないので、外出するのが嫌になりますね。そんな汗管腫には、漢方薬が効くという話もよく耳にします。汗管腫の症状・対策・治療法などをまとめてみました。

そもそも汗管腫って、どんな病気なの?

汗管腫、あまり聞き慣れない言葉ですよね。でもこの汗管腫で悩んでいる方も多くいます。まずなんて読むの?という方も多いと思いますが、「かんかんしゅ」と読みます。

この汗管腫ですが、主にまぶたに現れる小型のイボのような発疹です。汗を出す管の汗管が増殖して、できるものです。1mm程度の大きさで横に並んで現れたりすることもあります。20歳以上の女性に多く発症すると言われていて、痛みも痒みもないのが特徴です。

汗管腫の治療は、難しい?

6c6058e23f190c0c610b1fbbc57ed066_s

汗管腫ですが、目の周りに発生するため、やはり気にする方が多く、美容外科や皮膚科を受診する方も多いのですが、やはり目の周辺はデリケートな箇所ということもあり、レーザー治療が難しいといいます。

汗管腫の治療では、炭酸ガスレーザーが用いられることが多いのですが、これは、汗管腫の症状が出ている箇所を熱で壊す治療法ですので、シミが残ってしまうリスクもあるそうです。

また、健康保険が適用されないこともあるということなので、病院によっては、費用がけっこうかかってしまうようです。では、効果的な治療法は、ないのでしょうか?

汗管腫の治療には、漢方が効果的!?

漢方の驚きの効果とは・・・。

file2991244813449

漢方薬といえば、みなさんはどんなイメージがありますか?多くの人は、苦くてまずそうというイメージをお持ちだと思います。でも、漢方は、肌トラブルに効果的ということで、注目を浴びています。

漢方の中でも、汗管腫には、ハトムギが効果的と言われています。ハトムギといえば、爽健美茶のCMでもお馴染みですよね「ハトムギ、玄米、月見草~爽健美茶♪」というフレーズにも出てきます。

そんなハトムギですが、元々イボに効果があると言われていて、皮膚科の医師でもイボや汗管腫で悩んでいる患者さんにオススメすることも多いそうです。ハトムギは、麦の一種ですが、栄養価が非常に高く、タンパク質やビタミンB、カリウムやカルシウムなども豊富に含まれており、体の新陳代謝を活発にする効果があります。

また、ハトムギの最大の効果は、体に溜まった無駄な水分を老廃物と一緒に排出する効果です。ハトムギ茶にすると飲みやすいので、ぜひ試してみてください。またハトムギは、漢方だと「ヨクイニン」と呼ばれるそうです。

汗管腫の対策法は、ないの!?

汗管腫の原因は、いまだに解明されていない・・・。

メイクしっぱなしは肌に負担

気になる汗管腫の対策ですが、汗管腫は、ホルモンバランスの変化などが発症の原因とされていますが、まだ解明されていない点も多く、事前に対策するのは、難しいのが現状です。

しかし、メイクを落とさないまま寝てしまったり、肌に合わない化粧品を使い続ける、不規則な生活など、肌に負担がかかると発症するリスクは高まるので、規則正しい生活を心がけ、お肌のケアもきちんとしてあげることが今の段階で最大の対策法と言えます。

皆さん、汗管腫について理解を深められましたか?原因がはっきりと解明されていないところも多いので、対策をするのは、なかなか難しいですが、日頃からお肌のケアに気を遣ってあげれば、発症のリスクは、抑えられるはずです。

汗管腫になってしまったら、先ほどご紹介したハトムギ茶をぜひ試してみてくださいね。

PR