外部からの刺激から病気の可能性まで、目の周りが赤い原因いろいろ。
7,703views

外部からの刺激から病気の可能性まで、目の周りが赤い原因いろいろ。

目の周りが赤い原因もまた、単純に1つだけに特定出来ません。大切なのは直ぐに病気だと恐れてしまわず、無意識に目を擦ってしまう癖や花粉症など、思い当たる可能性を冷静に1つずつ検証する作業を通じ、正しい治療法を見極める過程なのです。

非常に繊細な目の周り。

瞳まわりはとても繊細です

気になればまずは隠すのが共通した心理ですが、その原因を正しく知る事が大切です。

何となく目の周りが赤い事が気になられた時、まずは決して怖がらず、次の事を冷静に思い出してください。

「目の周りは非常に繊細」であり、僅かな外部からの刺激、もしくは身体内の微妙な変化が、直ぐにこの症状に繋がるという事実です。たとえば曇天下屋外を歩いていて、単に日焼けしているだけの場合もあれば、無意識に目を擦った結果、何らかの雑菌が混入してしまった可能性など、正しい予備知識無しでその原因を正確に判断するのは難しいのが現状です。

目が赤くなる原因…ウイルス?日焼け?

特に違和感や痛みを皮膚の下部層に覚えているのであれば、医学的に正しい治癒が必要な場合が想定されます。素人判断で外観を誤魔化す事を優先してしまい、化粧品などを普段以上に用いてしまうのは大変危険です。素肌の状態で患部を清潔に保ち、速やかに専門医を訪ねる事を徹底しましょう。

必要以上に気にし過ぎては心身に負担が増してしまいますが、痛みの存在イコール適切な治療が必要な状態なのです。

無意識に刺激を与え過ぎている場合。

目の周りが赤い原因の1つに、知らない間に細いまつ毛が抜けてしまい、開いた毛穴からヘルペスというウイルスが感染し、一時的に赤く腫れ上がってしまうケースが見られます。

このヘルペスは普段から目もと付近に潜伏しており、こうした外部からの刺激もしくは風邪などで身体の抵抗力が落ちた時、悪しき活動を始めてしまう存在です。いずれにせよ「目の周りが突然赤くなった」と気づいた時は、身体の調子が低下している事を示すシグナルの可能性を思い出してください。

目の赤味は赤信号?不調の原因を考えよう

身体内の抵抗力が落ちているシグナル。目の周りの赤は赤信号の赤の可能性も。

こうした目の周りの赤い症状には、当然個人差が見られます。一時的にふんわり赤くなる方もあれば、赤く腫れあがりニキビ状から潰れてしまうケースも見られます。

いずれにせよ「目」という大切な身体のパーツ付近に生じる症状ですので、清潔第一で更に無意味な刺激を加えぬよう、十分注意しながら回復に努めてください。

ストレスが関連している可能性も。

私達の日常生活とは切っても切り離せないストレスもまた、目の周りが赤い原因として外せません。

自覚していない精神的なストレスの蓄積が複雑に体内で作用し、こうした症状となって現れる事は珍しくありません。また長時間パソコン画面を睨み続けた結果の眼精疲労から、瞼付近が赤く腫れぼったくなる場合もあります。無理矢理爽快感が得られる目薬の点眼などで一時凌ぎしてしまうと、視力こそ回復出来た感覚が得られたとしても、目の周りの赤さの回復には逆効果となる場合もあるので要注意です。

瞳のトラブル、専門家に相談して対処がベスト

ストレスや眼精疲労のSOS信号かも?

私達の身体内のメカニズムは大変複雑で、一見すると何の因果関係も無さそうな原因で、思わぬ症状が身体上に生じる事も珍しくありません。目の周りが赤いという1つの症例も、お酒に酔って赤いのか、先に述べたヘルペスなどの雑菌に因る皮膚のトラブルなのか、あるいは精神的な負担が理由なのか、その見極めは簡単とは言えません。大切なのは誤った自己判断に基づいた処置に走ってしまわず、不安があれば専門家の判断を仰ぐ姿勢なのです。

PR