弱視と近視の違いとは?弱視は障害者に認定されるの?
439views

弱視と近視の違いとは?弱視は障害者に認定されるの?

近視と弱視は、両方とも視力が悪く、近視よりも弱視の方がさらに見えにくいのではないか、というイメージがありますが、実際のところ近視と弱視の違いは何なのでしょうか?また、程度の進んだ弱視は障害者認定されるものなのでしょうか?

そもそも弱視とは?

弱視と近視の違い。

視力が悪く、メガネやコンタクトレンズで矯正している人は、周囲を見回しただけでも意外と多いものですね。

どんなに裸眼視力が悪くても、メガネやコンタクトレンズで矯正をすれば、問題なく見えるようになるというのは、近視であり、弱視ではありません。

弱視というのは、メガネやコンタクトレンズで矯正しても視力の上がらない状態のことを言うもので、弱視と近視の根本的な違いは、脳の視覚中枢が発達しているかどうかということなのです。

弱視の場合は、視覚中枢が未発達で目の網膜に映った映像をきちんと認識することができず、メガネやコンタクトレンズで矯正しても、それを認識できません。

この脳の視覚中枢というのは、赤ちゃんの頃から小学校低学年くらいにかけて発達するもので、実は生まれたばかりの赤ちゃんは、目をパッチリと開いて何かをじっと見つめているように見えても、視覚中枢が発達した大人のように、ハッキリと見えているわけではないのです。

弱視の原因と治療法。

生まれたばかりの赤ちゃんの目は、遠視の状態で、遠くの方にピントが合い、近くのものはぼやけて見えている状態です。

成長とともに、近くにピントが合うようになっていくものですが、中には遠視の状態のまま成長する子どももいて、視覚中枢が発達する幼児期に、遠視でピントが合わない映像を見続けていることで視覚中枢が発達しないまま成長してしまうことが、弱視の原因の一つにもなっています。

幼児期の子どもの目がしっかりと見えているかどうかの判断は、「見える」という基準がわかっていない子どもにはできるはずがありませんし、親や周囲の大人が子どもの様子を見ていてもなかなか難しいですから、3歳児検診などをきちんと受けておくことが大切になります。

子どもの目が遠視の状態であることがわかったら、視力を矯正するためのメガネをかけさせることになりますが、これによってピントの合った映像が視覚中枢に送られることになり、視覚中枢の発達を促すことができるようになります。

また、遠視以外にも斜視の場合も、視線が真っ直ぐではない方の目が、弱視になりやすい傾向があります。

子どもの弱視の治療は、発達の観点から、8歳までに行うことが大切で、年齢が低いと治療により視力回復することが可能ですが、年齢が進むと治療を行っても回復は望めません。ですから、大人の弱視は、治療できないということになります。

生まれたばかりの赤ちゃんの目は、遠視の状態

弱視は障害者認定されるの?

障害者認定の基準とは。

視力が、一定の基準以下である弱視の場合は、障害者認定を受けることができます。

障害者の等級は、6級から1級までとなり、6級が一番障害の程度が軽く、1級が一番重いということになりますが、6級の基準は「1眼の視力が0.02以下、他眼の視力が0.6以下のもので、両眼の視力が0.2以上のもの」となります。

この基準となる視力は、裸眼の視力ではなく、メガネやコンタクトレンズで矯正を行った上での視力となりますから、裸眼視力が悪くても矯正すればある程度視力が出る場合は、障害者認定はされません。

一定の基準以下である弱視の場合は、障害者認定を受けることができます

Glasses with Eye Chart / sfloptometry https://www.flickr.com/photos/sfloptometry/8666840740/

障害者認定を受ける方法。

障害者認定を受けるためには、「身体障害者手帳交付等申請(届出)書」、「身体障害者診断書・意見書」を市区町村から取り寄せ、「身体障害者診断書・意見書」については、病院で記入をしてもらい、これらの書類と印鑑、証明写真を揃えて、市区町村の申請窓口に提出をしなければなりません。

障害者と認定をされた場合は、障害者手帳が交付されるとともに、医療費や税金が軽減されるほか、視力を矯正するメガネ、コンタクトレンズ、白杖などの補装具が交付されますが、基本的には、補装具の交付については指定医の書類審査を受けることが必要となります。

補装具の交付については指定医の書類審査を受けることが必要となります

PR