老眼にならない人もいる?近視だと老眼になりにくい理由とは
354views

老眼にならない人もいる?近視だと老眼になりにくい理由とは

老眼は40代以降の避けては通れない道なのでしょうか。老眼にならない人やなりやすい人はいるのか、近視の人が老眼に悩まされていないように見える理由をまとめました。また、老眼対策としてできることをご紹介します。

老眼は避けては通れない?

老眼は多くは40代から

手元の文字や小さいものが見えにくくなる老眼は多くは40代から気になり始めます。

老眼になりやすい人や老眼にならない人はいるのでしょうか。

老眼は眼の中のレンズ、水晶体が硬くなって眼の調節機能が衰えることで起こります。老化で身体能力が衰えたり、肌の張りがなくなるのと同様で年齢を重ねた人なら基本的に避けては通れない道なのです。

近眼だと老眼にならないって本当?

よく、近眼は老眼にならない人だといわれています。

実はこれは正しくありません。

近視というのは眼のピントが網膜より手前に合ってしまっている調節障害です。遠視は逆に網膜より奥に合ってしまっています。

眼のピントがどこに合っていても、水晶体は同じように硬くなって老眼になるのです。

それではどうして近眼だと老眼になりにくいの?

どうして近眼だと老眼になりにくいように見えるのでしょうか

それではどうして近眼だと老眼になりにくいように見えるのでしょうか。

近視の場合は元々眼のピントが近くに合いすぎて近くがはっきり見え、遠くの物がぼやけて見えます。近視で老眼になると、これまで眼鏡やコンタクトレンズを使って補正していた視力が、近くのものは眼鏡やコンタクトを外した方が見やすくなります。

傍から見ると老眼鏡なしで近くがはっきり見えているため、老眼ではないように見えるのです。

しかし、本人からすると遠くを見るときに眼鏡が必要で、近くが見たいときに眼鏡を外さなければならないので不便なのは元々眼の良かった人と変わりません。

また、近視用のコンタクトレンズを使っていると、元々視力の良かった老眼の人と同様、手元が見えにくくなります。

老眼になりやすい人、なりにくい人はいるのか

老眼になりやすい人やなりにくい人はいるのでしょうか。先ほど説明したように、老眼は水晶体の硬化によって起こりますから、年齢を重ねれば誰でもなります。しかも、水晶体の老化は筋力や認知力の劣化や外見上の老化と比較すると個人差が小さいものです。

多くは20代から始まり、40歳で気になり始め、45歳くらいで手元が見えにくくなってきます。

老眼の予防や進行防止はできる?

老眼の予防や進行防止はできませんが、ある程度調節機能を鍛えたり、不快な症状を抑えることはできます。

紫外線を避ける

サングラスで紫外線を避けましょう

紫外線は水晶体の老化の原因の一つといわれています。サングラスをかけたり、帽子をかぶることで紫外線での眼の老化を防ぐことができます。

老眼鏡をかける

老眼鏡をかけたり、遠近両用コンタクトを使うと老眼を認めたような気がして抵抗があります。

しかし、早くからきちんと視力に合わせた対策をすることで、老眼による眼精疲労を避けることができます。眼精疲労も老眼を進行させる原因の一つといわれていますから、対策の遅れは悪循環を引き起こすのです。

こまめに目を休める

老眼になると眼が疲れやすくなり、頭痛や肩こりの原因にもなります。また、眼精疲労は老眼によくありません。

仕事の間に目を閉じて憩をとったり遠くのものを見たりするようにしましょう。眼精疲労や老眼のための目薬を差すのもおすすめです。

サプリメントは?

老眼を治したり予防する医薬品やサプリメントはありません。

しかし、調節機能や眼精疲労に良いルテインやアントシアニン、アスタキサンチンなどのサプリメントが助けになることがあります。

PR