目がピクピクしたら要注意!目の痙攣の原因と対処法
229views

目がピクピクしたら要注意!目の痙攣の原因と対処法

パソコン作業などを長時間し過ぎて、目の周りがピクピクすることってありませんか??目の痙攣は、疲れのサインと言われていますが、もしかしたら何かの病気のサインかもしれません。ここでは、目の痙攣の原因と対処法について詳しく紹介します!!

目の痙攣の原因

長時間目を酷使していることが原因

一時的に目の痙攣を起こしている場合は、長時間に渡り目を使用していた時に起こるドライアイなどが原因であることが多いです。

仕事で長時間パソコンを使う方やテレビや携帯などでゲームをよくする方は注意が必要です。

テレビや携帯などでゲームをよくする方は注意が必要

ストレスが原因

目を酷使したなどの思い当たる節がない場合は、ストレスや疲れが原因かもしれません。ゆっくり休養を取ってストレスを解消してみましょう。

ストレスや疲れが原因かも

ここまでは、目の痙攣が数秒~数日で治る場合で考えられる原因です。しかし、長い間なかなか治らない場合は、何らかの病気の可能性があるので注意が必要です。

VDT症候群かも?

VDT症候群は、パソコンを使った業務に従事している人がなる現代人ならではの病気で、ディスプレイを見続けることによって様々な健康被害が出てくるものです。

目の痙攣だけでなく、首や肩のこり、頭痛なども発症します。悪化すると、精神病を患う可能性がもあるので、パソコン作業に従事している方は、注意しましょう。

VDT症候群か!?

眼瞼痙攣が原因

眼瞼痙攣は、目の不快感やまぶしさ、目の渇きなどドライアイとよく似た症状から始まります。

症状が進行すると、まばたきが増え、目が痙攣します。さらにひどくなると、目が勝手に閉じてしまうこともありますよ。

自分の意思とは関係なく発症するため、患者が電柱に激突したり、交通事故を引き起こすなどの事例が出ていて、とても恐ろしい病気です。

この病気の原因は、神経系の異常と言われていますが、現段階ではよく分かっておらず、治療法も症状によって違います。

片側顔面痙攣かも!!

目の痙攣が続く時は、片側顔面痙攣を疑っても良いかもしれません。片側顔面痙攣は、目の周りだけでなく、顔の片側全体にまで痙攣が広がり、顔がゆがんだり、目が開けられなくなります。

この病気は、高血圧や高脂血症の方が多く発症していて、血管が顔面の神経を圧迫していることが原因と言われています。また、脳の病気に起因していることもありますよ。

目の痙攣の治し方

目を休ませよう

疲れ目やストレスからくる目の痙攣の場合は、目をしっかり休ませましょう。

携帯やパソコンをよく見ている人は、定期的に目を休ませると目の痙攣を回避できます。

遠くを見たり、目を動かして目の緊張を和らげると効果的です。また、まばたきの回数を意識的に多くすることも良いでしょう。時間があれば、仮眠を取るのもいいですね。

目を休ませよう

目の周りをマッサージしよう

目の痙攣が起こりやすい場合は、蒸しタオルで目の周りを温め、血行をよくしましょう。そして、目の周りを軽くマッサージしてください。

こめかみや眉の上のおでこのところ、眉頭のところを押すと気持ちい良いですよ。ただし、目の周りの皮膚は非常に薄いので、刺激を与え過ぎないようにしましょうね。

蒸しタオルで目の周りを温め、血行をよくしましょう

steaming towel / Muffet https://www.flickr.com/photos/calliope/2120502351/

健康的な生活を心がける

目の痙攣がある時は、十分な睡眠とバランスの良い食事を心がけましょう。また、カシスやブルーベリー、ビタミンなどの栄養補助食品を上手に利用するのも良いですよ。

十分な睡眠とバランスの良い食事を心がけましょう

それでも治らなければ病院へ

目を休めても痙攣が続く時は、眼科を受診しましょう。

原因が眼科でない場合も、眼科医が何科に行くと良いか教えてくれるので、まずは眼科を訪れてみましょうね。病院に行って診てもらうと安心できますよ。

PR