無防備な目は日焼けする!内側と外側からガードする目の紫外線対策法
105views

無防備な目は日焼けする!内側と外側からガードする目の紫外線対策法

紫外線が強くなる春から夏。日焼け止めクリームで皮膚を保護する人は多いですが、目までケアしている人は少ないでしょう。目も日焼けします。目が日焼けするとさまざまなダメージがあります。目の紫外線対策についてまとめました。

目は無防備?!目も日焼けする!

目も日焼けする

春頃から紫外線は強くなり、8月にピークを迎えます。最近は美白ブームなため、皮膚には日焼け止めクリームを塗って、しっかりガードしている人がほとんどでしょう。

しかし、目に関してはそのまま、という人が多いかもしれません。実は、目も日焼けします。何もしないでいると、さまざまな影響を受けます。

以下では、紫外線の影響と目の紫外線対策法についてご紹介します。

紫外線とは?

紫外線とは、太陽光線のことです。エネルギーが高く、波長は短いという特徴があります。紫外線は、A波、B波、C波と3種類あり、地表へは、最初の二つが届いています。

紫外線が目に及ぼす影響とは?

目が紫外線を浴びると、角膜や白目がダメージを受けます。角膜は脳下垂体に情報を送る働きがあり、角膜が傷つくことで防衛反応が起きます。すると、メラニン色素が生成され、肌の老化につながります。

レンズの役割をしている水晶体も傷つきます。水晶体はたんぱく質繊維やヒアルロン酸からできていて、代謝をしません。そのため、一度傷つくと水晶体が濁ったり視力が低下したりします。最悪の場合、白内障になる危険もあります。

また、目は、光を感知してその情報を脳に届ける役割を持っています。しかし、A波を水晶体で防ぎきれなかった時、脳へ情報を伝達する網膜の中心部分に異常が生じます。すると、物が歪んで見えたり、視界の中心が欠けたり、ぼやけて見えたりすることがあります。

上記のように、目は紫外線によってさまざまな影響を受けます。普段、皮膚は日焼け止めクリームなどを塗っているけれど目は全く無防備だった、という人は、目も紫外線対策をした方が良いでしょう。

紫外線を内側からガードする対策法

緑黄色野菜を食べよう

7e062637d72f7d20421865441acfd891野菜

まずは、身体の内側から紫外線対策をしましょう。緑黄色野菜に含まれる成分は、水晶体や黄斑部に存在します。老化やさびの原因となる活性酸素を除去する働きがあるため、積極的に摂ると良いでしょう。

緑黄色野菜と言えば、かぼちゃやトマト、ピーマン、小松菜や大根の葉などがあります。かぼちゃやトマトは夏野菜なので、紫外線がピークの時期にはぴったりです。

アスタキサンチンを摂取しよう

27

紫外線を浴びてしまった時には、ビタミンCやEを補給することがおすすめですが、アスタキサンチンには、紫外線でできた活性酸素と闘う力がビタミンEの1000倍もあります。アスタキサンチンは、紅鮭や桜えび、いくらなどに多く含まれています。

主に魚介類に多く、魚介類はDHAやアミノ酸など健康に良い栄養がたくさん含まれているため、積極的に食べると良いでしょう。

ミネラルを摂ろう

ミネラルは体内に4パーセントしかありません。しかし、他の栄養が作用するようアシストする働きがあります。ミネラルは、まつたけやほんしめじなどきのこ類に多く含まれています。他にもひじきやわかめなどの海藻類、豆腐や納豆などの豆類に含まれています。和食の献立にすれば必ずと言って良いほど摂取できるでしょう。

紫外線を外側からガードする対策法

小物アイテムを活用しよう

外出する時は、日傘をさしたりつばのある帽子をかぶるようにしましょう。サングラスもおすすめです。

目のケアをしよう

目のケアも大切です。長時間外出した時には目を冷やしたり目薬をさしたりしましょう。目薬は、目の新陳代謝を高めるビタミン類の配合されたものがおすすめです。

PR