かすみ目の原因は目の酷使の他、栄養不良や病気の場合も?!
137views

かすみ目の原因は目の酷使の他、栄養不良や病気の場合も?!

かすみ目の原因には目の使い過ぎやコンタクトレンズの誤った使用などの他、栄養不良や老眼、病気が原因のこともあります。できるだけ早めに眼科に見てもらいましょう。また、寝る前に蒸しタオルなどで目を温めて血行をよくすることでかすみ目を予防することができます。

かすみ目の原因

視界がかすむ、周囲が見にくいなどの症状はかすみ目と呼ばれるものです。かすみ目の原因としては単なる目の使い過ぎだけでなく栄養不良や病気の可能性もあります。具体的にどのような原因があるでしょうか?

【1】目の使いすぎ

目の使いすぎ
かすみ目の原因としてもっとも多いのが目の使いすぎです。長時間、文字を読んだり、PC画面を見るなどの行為によって焦点を合わせることや強い刺激を受け続けることは毛様体や水晶体を疲弊させます。このような目の酷使が続くと目の周辺の筋肉は過緊張を緩和するために一時的に目の周辺の筋肉を弛緩させることがあります。このとき、視界がぼやけたり、かすむことがあります。このようなかすみ目は一時的なものであることが多く、しばらくすると元に戻ります。このような目を休ませるためのかすみ目の場合には無理に焦点を合わせるのではなく、視界をぼんやりとさせたまま、しばらく過ごすことが大切です。早ければ数分で目の疲れが改善されて、再び周囲がはっきりと見えるようになります。また、このような症状が連日あるようなときは寝る前に目に蒸しタオルを乗せて温めることをおすすめします。目の周辺を温めて、血流を改善することでかすみ目を減らすことが期待できます。

【2】目の病気

視界がかすむ場合には目の病気であることもあります。例えば、目がかすむときに光が見えたり、色彩がはっきりしないなどの場合にはとくに注意が必要です。目の病気には白内障、緑内障、網膜剥離、飛蚊症など意外と多くの病気があります。そしてそれらを特定するためには眼科に行く必要があります。目の病気は対応が遅くなると失明のリスクが高くなるものもあるので、違和感を感じたときには、しばらく様子をみるのではなく、速やかに病院に行くようにしましょう。

【3】栄養不良

おすすめの食べ物としてニンジン、卵、レバー、アーモンド、リンゴなどがありますかすみ目は特定の栄養が不足することでもおこります。とくにビタミンAが不足すると目の働きは鈍くなると言われています。また、目によい栄養素としてビタミンCやビタミンE、ビタミンB群も有効です。普段から偏った食事を控えて、多くの種類の食材を食べることでこれらの栄養素を摂取しましょう。おすすめの食べ物としてニンジン、卵、レバー、アーモンド、リンゴなどがあります。

【4】コンタクトレンズの誤った使用

最近のかすみ目の原因として多いと言われるのはコンタクトレンズの誤った使用です。コンタクトレンズはドライアイの原因になる他、細菌性やウイルス性の病気の原因にもなることがあります。コンタクトレンズは出来るだけ毎日取り替えるようにし、長期間の使用が可能なものでも一日12時間以上付けっぱなしにしないことが大切です。とくに長期間使用できるタイプのものを寝るときもつけることはかすみ目だけでなく目のあらゆるトラブルの原因になるので注意しましょう。

【5】老眼

かすみ目の原因として老眼の可能性もありますかすみ目の原因として老眼の可能性もあります。老眼になると、近くのものが見えにくくなるため、よく見ようして見たいものを近づけてもますます焦点が合わなくなります。老眼は早い人では20代後半からなる場合もあるため、若くても注意が必要です。また、近眼の人でも老眼になることがあります。このような場合には日常生活でとくに不便なことが多くなります。近眼や老眼を悪化させないためには適切なメガネを使用することも大切です。定期的に視力を測定し、目にあったメガネをかけるようにしましょう。

PR