若年性白内障?若年性白内障の予防方法は?
474views

若年性白内障?若年性白内障の予防方法は?

今までは、年配の方がなっていた病気も、最近では若い方がなってしまうこともよくあります。今回は「若年性白内障」にスポットを当ててみました。最近では白内障は、年配の方だけでなく、若い方にも増えてきました。若年性白内障の予防方法とその原因は何でしょうか。解説していきます。

若年性白内障ってなに?

若年性白内障ってなに?白内障と聞くと年配の方の病気と思いがちですが、最近では若い人でも「白内障」を発症することが多くなってきています。若い方、つまり20代・30代の方がなってしまう白内障のことを「若年性白内障」と言います。
若年性白内障は、ゆっくりと進行していく「加齢性白内障」とは違い、進行のスピードが速いのが特徴です。症状としては、自覚してから急速に目の「水晶体」と呼ばれる部分が濁っていきます。若い方のほうが進行が速いので、症状に気付きやすいと思います。何か症状が現れた場合速やかに眼科に相談してください。

白内障になってしまう原因ってあるの?

白内障になってしまう原因ってあるの?白内障は年を重ねてから発症する病気のようで、若い人も何もしていなくても若年性白内障になってしまうのでしょうか?原因はあるのでしょうか?
実は、若年性白内障になってしまう原因がたくさんあるのです。
ぶどう膜炎・網膜剥離などの目の疾患をはじめとし、アトピー性皮膚炎・糖尿病などの全身疾患、その他には遺伝、放射線や紫外線などの照射、副腎皮質ホルモン、ステロイド剤や抗精神病薬などの副作用、また、目を激しくぶつけるようなケガをしてしまった場合などが原因としてあげられます。「これなら自分には関係ないや」と思った方。それは間違いです。最近では、運動不足、紫外線の影響やストレス、喫煙などから起こる活性酸素の大量発生の影響、食生活の欧米化により、肉類や、乳製品の摂取が増えて野菜不足になっていることの関連性も指摘さてれいるのです。食生活が偏ってはいませんか?運動不足になっていませんか?たくさんの方が、若年性白内障になってしまう可能性があるのです。

若年性白内障の予防方法

若年性白内障の原因がわかったなら、予防は簡単!なんてことはありません。
加齢性白内障は、年齢とともにゆっくり進行していきますし、若年性白内障は外傷や合併症で引き起こされることが多い病気ですので、予防することは簡単ではなく、実に難しいことです。
ただ、若年性白内障の自分でできる予防法としては、生活習慣病に気をつけ、外出時は赤外線、紫外線から目を守ることです。これだけでもリスクを減らすことができます。絶対的な予防策がない分、できることを行っていきましょう。

もし、若年性白内障になってしまったら・・・

もし、若年性白内障になってしまったら・・・視界がぼやけていたり、目がかすんでいたり・・・明るい場所で眩しく感じてしまう。その時目が見えにくくなってしまう。などの症状があった場合、白内障を疑ってください。症状があったら速やかに眼科を受診してください。眼科で「白内障です」と診断されてしまったら、進行を遅らせるために点眼を使用した薬物療法を行うか、日常の生活に支障が出てしまうほど症状が進行してしまっている場合は、濁ってしまった水晶体を人工の眼内レンズに交換する手術を行います。怖いから、不安だからと言って手術を先送りにしてしまうと症状が進行して他の目に関する病気を併発してしまったり、手術がとても難しくなってしまったりすることもあるため、医師と相談しながら手術を受ける時期を決めてください。白内障の手術は、体への負担が少ないので安心して受けることができますよ。医学の進歩はすごいです。気持ちを楽にして臨んでください。

PR