目のコンプレックス、それじつは眼瞼下垂の症状かも!
690views

目のコンプレックス、それじつは眼瞼下垂の症状かも!

眼瞼下垂の症状は、先天性のものと後天性のものがあり、腫れぼったい目という見た目の悪さに加え、おでこのシワ、さらには頭痛や肩こり、自律神経失調症まで波及することもある病気です。まぶたを持ち上げる手術が必要なこともあり、病院選びから保険に関することまで知っておいてほしいことがあります。

顔の中のパーツで目を重視している女子は多いと思いますが、眼瞼下垂というのを知っていますか?「がんけんかすい」と読み、まぶたが重く垂れて目が開きにくくなる症状のことを言います。
顔を正面に向けた時、正常な上まぶたは、黒目の上部に少しかかっていますね。これが軽い眼瞼下垂になるとまぶたが瞳孔にかかり、さらい症状が重いとまぶたが瞳孔をふさいでしまいます。片目にだけ眼瞼下垂の症状が現れることもあります。
細く、眠たそうに腫れぼったい目に悩み、この「眼瞼下垂」で眼科や形成外科を受診する方も増えているようです。眼瞼下垂というのを知っていますか?

気になるおでこのシワ、それ眼瞼下垂かも

目が悪く見えにくい時に目を細めてしまうことがあると思います。眼瞼下垂はその逆で、まぶたが邪魔するので無意識におでこの筋肉で持ち上げようとします。そのため眉毛が上がり、おでこにシワができるようになり、見た目も悪いので美容整形などを受診し、そこで初めて眼瞼下垂だということがわかることがあります。
また、眼瞼下垂で二重の幅が広くなってきたり三重まぶたになったりもします。

頭痛や肩こり、それも眼瞼下垂が原因?

眼精疲労・頭痛・肩こりを引き起こすこともある一生懸命まぶたを持ち上げようとしても見にくい場合には、知らず知らずのうちにあごをあげて下の方を見るような無理な姿勢になっていることがあります。すると、これが眼精疲労・頭痛・肩こりを引き起こすこともあるのです。
外見的に悪いことだけではなく、体調にまで影響してくるわけです。
さらに自律神経にも影響し、脳の働きに悪影響を及ぼしたり、自律神経失調症などにつながってしまうこともあります。

生まれつき?それともなにかが原因でなるの?

眼瞼下垂には先天性のものと、後天性のものがあり、中でも最も多いのは後天性の眼瞼下垂です。また、偽眼瞼下垂といって、一見するとそのように見えるがそうではないものもあるそうです。
まぶたを上げる手術を行うなど、それぞれによって治療方法は異なります。

後天的に眼瞼下垂になりやすいのはこんな人!

気になるのは後天性のもので、いつ誰にでも起こる可能性があるので知っておきたいことがあります。
隠れている病気に気をつけなければならないのですが、疲労によって起こる時には重症筋無力症の可能性を、また脳動脈瘤が神経を圧迫していることも疑わなくてはなりません。後遺症の影響も考えられ、眼科手術後や脳梗塞後に起こるものもあります。
ハードコンタクト、パソコンなど目を酷使する人、逆さまつ毛のある人も眼瞼下垂が起こる可能性がその他にも、加齢や、特にハードコンタクトレンズを長時間使用している人、パソコンなど目を酷使する人、逆さまつ毛のある人も眼瞼下垂が起こる可能性があります。
他にも、花粉症などアレルギーで目を強くこする人も要注意!まぶたをよくこすることで挙筋腱膜がまぶたから剥がれて眼瞼下垂が起こってしまうそうなんです。

病院選びは重要、自分の納得がいくように!

病院選びはとても重要ですまぶたを上げる手術が必要な場合、手術後の目元はとても重要ですよね。目の大きさや二重の幅、左右バランス、自然かどうかなど顔全体の印象を左右するので病気の治療とはいっても心配なことはたくさんあります。
そこで病院選びはとても重要です。安全、安心して手術が受けられることはもちろん、美容目的ではなくてもこだわりをもって仕上げてくれるかどうか、手術による腫れも強く出るので、仕事や学校などの都合に柔軟な対応が可能かどうかなど、納得がいく病院を探しましょう。

保険適用となるかどうかもひとつのポイント

眼瞼下垂の手術は、症状によっては保険適用となる場合があります。また、美容外科であっても保険適用となる場合もあったり、逆に一切保険が使えない施設もあります。症状が軽い場合は美容目的と見なされ、保険適用とならない場合もあり難しいところです。

また、自身で加入している民間の生命保険の給付対象の手術となることもあるので、保険を確認するのもいいでしょう。
眼瞼下垂の手術後、それまでの悩みが解決して、心から喜べるようになるのが一番ですね。

PR