まぶたのむくみを何とかしたい!通学前、出勤前にむくみを解消する方法は?
25views

まぶたのむくみを何とかしたい!通学前、出勤前にむくみを解消する方法は?

朝起きて鏡を見たらまぶたのむくみで目元が残念なことになっていませんか?むくんだ状態のまま外出するなんてありえない!そんなときにまぶたのむくみを解消する方法ってないの?ところでそのむくみの原因ってなに?

朝鏡をみてみたらなんだか目元が腫れぼったい・・・そんな朝ってありますよね。そんなときはもうテンションダウン。

それでも仕事に学校にデートに行かなきゃいけない!でもこんな目元じゃ嫌!
どうしたらまぶたのむくみをとることができるのでしょう。一緒に原因と解決方法をチェックしていきましょう!

まぶたのむくみはどうして起こるの?

生活習慣をチェック!!

寝不足や疲れで瞼が浮腫んでいるのかも

まず気にしたいのが生活習慣です。日ごろから寝不足だったり、働き過ぎ、さらには運動不足ということはありませんか?そういった生活が続いているとどうしても代謝も悪くなり、老廃物が溜まりやすくなるようです。

塩分摂りすぎの食生活のせいで瞼がむくんでいるのかも

他にも外食が続いていたりしていませんか?
ファーストフードなどはどうしても塩分が多いものとなってしまうので、そんな食事が続いてしまうと水分を溜め込みやすい状態になってしまいます。ついつい頼りたくなる即席タイプのものも塩分が高いものが多くなっているので気を付けた方がいいようですね。

慢性的なまぶたのむくみには注意が必要!

腎臓臓機能が低下しているかもしれません。急性腎炎になると特にまぶたのむくみが見られることが多いそうなので、たびたびまぶたが浮腫む、慢性的に浮腫むなどといったことがある場合は病院を受診した方がいいようですよ。
他に顔全体が浮腫むといったことがある場合は他の病気が潜んでいることがあるので、こちらも病院の受診をオススメします。

まぶたのむくみの解消方法は?

マッサージの順番は首→顔→目元で!

1:首のマッサージ

身体の血行を良くしていきましょう!首をゆっくり5回ぐらい回してください。(反対回りも同様に)そして首を右に傾けて左の首筋を5秒ほど伸ばしていきます。終わったら左にも傾け、右の首筋も5秒ほど伸ばします

次に首にマッサージクリームなどを付けて伸ばし、リンパを流していきます。耳の後ろから鎖骨の方へ少し強めに指の腹でマッサージを!左右10回ずつぐらい繰り返してください。

2:顔に温冷パック

冷水で濡らしたタオルとお湯で濡らしたりした温かいタオルを用意します。どちらも水気をしぼってください。冷たいタオル→温かいタオル→冷たい→温かいというように目元を中心にタオルを20秒ずつ交互に当てていきます。

3:目元のツボ押し

攅竹(さんちく)という眉がしらのあたりにあるくぼんでいるところにあるツボを押します。眉毛を押し上げるようなイメージで5秒ほど押します。その強さは”痛気持ちいい”程度で!
晴明(せいめい)という鼻と目頭の間にあるくぼんでいるところにあるツボを押します。上から真っ直ぐ押すようにして5秒押さえます。これを5回繰り返します。

忙しい朝にちょっと面倒かもしれませんが、するとしないとでは大違い!ぜひともやってみてくださいね!

利尿効果のあるものを朝食に!

利尿作用のある食材を朝食に選んでむくみを撃退

むくみは水分をためこんでいるということです。なので利尿効果のあるものを食べてスッキリしましょう!ここでオススメなのは「バナナ」です。利尿効果のあるカリウムを含んでいるのはもちろん、食べやすいのも朝にはとっても嬉しいですよね!

他にも果物でははっさくなどの柑橘類、夏でいうと桃もオススメ。りんごやキウイといった年中手に入りやすいものもカリウムが多く含まれているので朝にはぴったりですよ!

最後に

むくみの原因でもお話しましたが、生活習慣はとても大きな原因になっています。
ぜひとも寝不足になったり、疲れなどを貯めたりしないように日ごろからの生活リズムを見直すことも考えてみてくださいね!

PR