耳にできものができる理由とは。最近話題の耳ニキビから怖い耳のがんまで。
65,401views

耳にできものができる理由とは。最近話題の耳ニキビから怖い耳のがんまで。

耳は意外と皮膚のトラブルが起き易い器官です。耳にできものができてしまった場合の対処方法や耳のできものの見分け方についてまとめました。最近よく耳にする「耳ニキビ」から、まさかの「耳がん」まで、あなたのできものはどれでしょうか。

耳ニキビ

近年話題になっているのが耳ニキビ

耳にできものができるときに頻度も高く、近年話題になっているのが耳ニキビです。軽症のうちは気づきにくいのですが、耳のニキビは悪化しやすく、押したりイヤホンを使うと痛かったり、ひどくなると何もしなくても痛みます。

耳ニキビの原因は大人ニキビです。大人ニキビは耳から顎にかけてのUゾーンにできやすく、皮脂腺の多い耳にできることもよくあります。
洗顔のときに耳まで洗うなど、普段から耳の清潔を心がけて予防しましょう。イヤホンをよく使う方はイヤホンの衛生にも気をつけてください。

また、大人ニキビには保湿も効果的です。耳は洗浄も保湿もつい怠りがちですが、これを機会に耳のスキンケアを忘れないようにしてください。
できてしまったらニキビ薬も効果があります。ひどくなったら皮膚科を受診しましょう。

粉瘤

粉瘤も耳にできやすい

耳ニキビに次いで多いのが粉瘤です。粉瘤は表皮の下に表皮の袋ができて垢などが溜まっていく原因不明の病気です。
小さい場合は黒ニキビとほとんど見分けが付きませんし、悪化して炎症を起こした場合も膿んでしまったニキビとの判別は難しいものです。成長すればニキビとの見分けは容易です。耳の裏にできやすい病気です。

自然治癒することはなく、炎症を起こすと膿が溜まって痛み、それを潰すと一旦よくなるのですがまたどんどん垢が溜まってだんだん大きくなっていきます。耳ニキビが同じ場所に繰り返しできて何年も治らない場合は粉瘤を疑いましょう。

治療法は外科手術しかありません。外科手術といっても麻酔を含め数十分で終わり日帰りできる手術で、長年の悩みがすっきりします。お悩みの方は外科か形成外科、皮膚科を受診してください。

脂漏性角化症

ぽこぽこと盛り上がったいわゆるイボ、脂漏性角化症が耳にできたものです。顔のイボは高齢者に多いのですが、耳には日焼け止めを塗り忘れる人が多いので若い人でもできます。痛みはなく、色は肌の色から黒色までさまざまです。

特に症状がなければ放っておいても構いませんが、外科手術やレーザーなどで取ることもできます。一部保険がきかない場合がありますので気をつけましょう。

外耳道真珠腫

原因の多くは耳かきのしすぎ

外耳道真珠腫は耳の穴にできるできものです。症状としては耳の穴の中にできものがあって狭くなるとか、外耳炎を繰り返すというようなものがあります。原因の多くは耳かきのしすぎです。まず、耳かきをやめてみましょう。
治療法としては耳浴や服薬などがあり、耳鼻科で診てもらえます。

ピアスのトラブル

ピアスをしている方や、耳に怪我をしたあとに大きなできものができることがあります。症状はそれほどありませんが、人によってはかゆみや軽めの痛みを伴うこともあります。

肉芽腫やケロイドなどが考えられます。特にケロイドの場合はとても大きくなってびっくりします。皮膚科や、形成外科などで治療できます。治療法は大きさにより塗り薬や外科手術などがあります。

耳のがん

外耳のがんは癌の中でも特に稀なものです。耳のがんは皮膚がんの一種で扁平上皮癌がその7割を占めます。
少ないとはいえがんの可能性もあります。耳にできものができてずっと治らなかったり大きくなる場合や痛む場合は早めに医療機関を受診しましょう。

PR