耳の後ろの臭いはもしかして加齢臭かもしれません
54views

耳の後ろの臭いはもしかして加齢臭かもしれません

耳の後ろの臭いの原因にはいろいろなことが考えられます。耳の後ろは体温が高いため匂いが分散されやすい場所でもあります。また耳垢や皮脂が溜まりやすい部分であるため、臭くなってしまうこともあります。匂い対策は清潔を保つことが一番です。

耳の後ろの臭いの原因は一体何?

耳の後ろは体温が高い!

耳の後ろは体温が高い!

耳の後ろは匂いが出やすい場所でもあります。

香水をつける場所としてよく挙げられるのが、脈がある場所だと言われています。具体的には、手首や首筋、耳の後ろにつけるのがベストだと言われています。

こうした脈がある場所は体温も高いため、匂いが分散しやすいからでもあります。香水のようにいい香りであればよいのですが、耳の後ろが臭い場合には、悪臭を周囲に漂わせている危険性も考えられます。

自分ではなかなか気づきません

自分ではなかなか気づきません

耳の後ろの臭いに関しては、自分ではなかなか気づかないこともあるでしょう。耳は意外と埃や垢が溜まりやすい場所でもあり、なかなか石鹸を泡立てて洗う機会も少ないのではないでしょうか。

また耳には、皮脂線や耳垢線があるため、これらの分泌されたものと酸化した汗や脂、埃などが混じり合い、異臭を放つこともあるので、清潔を保つように意識しなければなりません。

皮脂汚れはなかなかぬるめのお湯では、皮脂が溶けないため、綺麗に洗い流すことができません。少し温度が高めのシャワーを耳の後ろにかけるだけで、皮脂を洗い流すことができます。耳の後ろの匂いを防ぐには、熱めのシャワーで丁寧にかけることが大切です。

若くても加齢臭の危険も!

若くても加齢臭の危険も!

耳の後ろの臭いの原因が加齢臭である場合もあります。

加齢臭は中高年になるとノネナールという物質が出るため、匂うようになります。しかし、若くても不摂生な生活を送っていたり、脂肪の多い食事を取り続けていると、若年性加齢臭になってしまう場合もあります。

また若い女性でも、脂っこい食事や睡眠不足状態が続くと、加齢臭がでてくることもありますので、注意しましょう。またワキガの方は、耳も匂う傾向があります。耳垢線はワキガの原因となるアポクリン汗腺が分泌されている可能性があるので、匂いも強くなる傾向があります。

耳の後ろが湿っていると匂いが出やすくなります

耳の後ろが湿っていると匂いが出やすくなります

お風呂で丁寧に耳の後ろを洗っても、お風呂上がりにきちんと、バスタオルで耳の後ろの水分を拭きとらないと匂いの原因になってしまうこともあります。耳の後ろは雑菌が繁殖しやすい場所でもあります。

水分が残っていると菌が繁殖しやすくなってしまうため、しっかりとタオルで拭いて乾燥させましょう。また耳の後ろは、シャンプーやリンス、トリートメントの洗い流しが十分ではなく、こうした成分が残りやすい場所でもあります。

洗髪後は、耳の後ろも丁寧に洗い流すことによって、匂い対策を行うことができるでしょう。

耳の後ろの匂いを防ぐには

和食を食べるようにしましょう

和食を食べるようにしましょう

ハンバーガーやチキンなどの脂の多い食事は、若い方が好む食事ですが、実はこうした脂っこい食事をし続けることによって、身体の皮脂量も多くなってしまいます。また身体を酸化させる原因となるため、加齢臭が出やすくなります。

そこで、食生活を改め、健康的な和食メニューに切り替えてみてはいかがでしょうか。芋類やこんにゃく類など食物繊維の多い食事をすることによって、腸を綺麗にしてくれます。

腸が綺麗になると、身体から出てくる加齢臭を根本的に改善することができます。耳の後ろの匂いに悩んでいる方は是非和食中心の食生活に切り替えてみましょう。

綿棒で耳垢を取り除きましょう

綿棒で耳垢を取り除きましょう

耳の後ろの匂の原因は耳垢が溜まっていることが原因かもしれませんので、綿棒でやさしく耳垢を取り除きましょう。

PR