耳から膿が出る場合、こんな病気の可能性があります!子供は特に注意!
100views

耳から膿が出る場合、こんな病気の可能性があります!子供は特に注意!

耳から膿が出るという症状を経験をしたことはありませんか?耳はデリケートな部位ですので、炎症を起こしやすいとも言えます。炎症を起こした場合、膿が出る耳だれという症状が見られます。このような症状が見られる耳の病気にはどんなものがあるのでしょうか?

耳から膿が出るのはなぜ?

子供は耳の病気にかかりやすい

耳の病気は年齢に関係なくかかりますが、大人と比べると子供は耳の病気にかかりやすいと言われています。

その1番の理由は耳管にあります。耳と鼻の間には耳管と呼ばれる管があります。子供の場合、耳管がほぼ水平になっていることから鼻から細菌が入りやすいのです。

鼻から入った細菌が原因で細菌感染を起こし、耳から膿が出ることも珍しくありません。

子供は耳の病気にかかりやすい

大人に比べると子供は風邪をひきやすいのですが、風邪も耳から膿が出る原因の1つです。

前述したように、子供の耳管は鼻から耳に細菌が入りやすい状態です。風邪をひいた時はウイルスが耳管を通して耳に感染してしまうため注意が必要です。

子供の場合、耳の違和感や痛みをうまく伝えられないことも多いでしょう。耳の病気は放置すると慢性化してしまう危険性が高いため、なるべく早く対処することが望ましいのです。

そのため、子供がやたらと耳を気にする、機嫌が悪い場合には耳の病気を疑ってみましょう。

耳から膿が出る病気

耳から膿が出る病気

耳から膿が出る病気としてまず考えられるのが急性中耳炎です。

風邪やインフルエンザにかかった後に細菌やウイルスが中耳に感染することで起こります。耳から膿が出る以外にも、耳の痛みや微熱などの症状が表れます。

急性中耳炎は子供に多い病気ですが、特に3歳以下は注意が必要です。10歳頃になると耳管の形が変わるため、急性中耳炎にかかりにくくなります。

急性中耳炎が慢性化すると、慢性中耳炎になります。

急性中耳炎が慢性化すると、慢性中耳炎になります。

慢性中耳炎は鼓膜の穴が塞がらず開いた状態になっていることから、より細菌感染しやすいと言えるでしょう。

細菌やウイルスが入り込むと炎症を起こし、耳から膿が出るなどの症状が表れます。中耳炎にかかったら、慢性化する前にしっかりと治療をすることが大切と言えるでしょう。

中耳炎の中でも特に注意したいのが、真珠腫性中耳炎です。

真珠腫性中耳炎とは、鼓膜の中に老廃物の塊が形成されて炎症が起こる病気です。

初期は自覚症状がないのが特徴ですが、悪化すると難聴や耳から膿が出る症状が表れます。

真珠腫性中耳炎は放置すると難聴が悪化するだけでなく顔面神経麻痺や髄膜炎の原因となります。

耳から膿が出る病気は中耳炎だけではありません。

耳から膿が出る病気は中耳炎だけではありません。

外耳炎も子供がかかりやすく、耳から膿が出る病気の1つです。外耳炎とは耳にある外耳という部分が炎症を起こした状態です。

プールに入った際に耳に水が入り、外耳炎になったというケースは珍しくありません。子供の場合、学校の授業でプールに入る機会が多いことから外耳炎は子供がかかりやすい病気と認識されています。

他にも、耳掃除のし過ぎによって外耳炎を引き起こすこともあります。

外耳炎の場合かゆみや痛みなどの症状が表れますが、これらの症状は耳の入り口あたりに生じることが特徴です。異物感や耳鳴り、耳から膿が出るなどの症状も見られます。

耳の病気の対処法は?

耳の病気の対処法は?

耳から膿が出る病気として、急性中耳炎・慢性中耳炎・真珠腫性中耳炎・外耳炎を紹介しました。

これらの病気からも分かるように、耳から膿が出た場合はそのほとんどの原因が細菌感染です。耳に細菌が感染した場合、耳鼻科を受診し正しい処置を受けることが1番の対処法となります。

前述したように耳の病気は慢性化しやすいため、違和感を感じたら必ず耳鼻科を受診してください。

PR