悪臭の原因になることも!耳の粉瘤は手術で簡単に切除できます!
278views

悪臭の原因になることも!耳の粉瘤は手術で簡単に切除できます!

耳の粉瘤は良性の嚢腫で大きくなることはあっても腫れたり痛みが出ていなければ放置していても大丈夫です。雑菌の繁殖によって悪臭がしたり、化膿や炎症のために痛みがでるようになったら手術で切除します。日帰りの簡単な手術で処置できます。粉瘤は原因不明と言われていますが、心身疲労で悪化、再発することがあります。

耳の裏からの悪臭の原因は耳の粉瘤?

耳の裏からの悪臭の原因は耳の粉瘤?

Ear / isapisa https://www.flickr.com/photos/isapisa/5235330205/

耳の周辺には汗腺が多く、加齢臭が匂ってくる場所であることでも知られています。

そのため、耳のあたりから悪臭がしていると加齢臭と思われがちですが、その正体は粉瘤(アテローム)である可能性もあります。粉瘤は皮膚の下に袋状にできる嚢腫で、この中に皮脂や角質がたまるという病気です。良性腫瘍の一種であると言われていますが、その発症の原因は不明と言われています。

粉瘤は放っておいても大丈夫?

粉瘤は放っておいても大丈夫?

良性であるため、大きさが気にならないのであれば放っておいても害はありません。しかし、徐々に大きく腫れ上がり、化膿や炎症などを起こすことがあります。このような状態になると、かなり強い痛みを伴うようになります。

なぜ臭くなるの?

なぜ臭くなるの?

また、粉瘤は古くなった皮脂や角質を溜め込んでいますがそれ自体では悪臭の原因にはなりません。

しかし、粉瘤には穴が空いており、この穴に細菌が入り繁殖した場合に悪臭を放つようになります。一旦、悪臭を放つようになると、改善は困難です。悪臭をなんとかしようと粉瘤の中身を無理に出そうとすると、粉瘤の中身が空気に触れることでますます雑菌の繁殖を助けることになるので不用意に中のものを出すことはおすすめしません。

自宅でケアできる?

気になるからと触ったり、清潔にしない場合に悪臭は悪化するようになります。

粉瘤は自宅のケアで治るものではありません。そのため、粉瘤になり、悪臭が気になるようになったら早めに病院で切除してもらう必要があります。受診する科は皮膚科か形成外科です。手術は30分程度で終わる簡単なものなので、心配することはありません。入院もなく、通院で処置は終わりです。

病院によっては炎症を起こしているときの手術をしてくれないこともありますが、大抵の病院では炎症をしていても手術をしてもらえます。

ピアスが原因で粉瘤になることもある?

ピアスが原因で粉瘤になることもある?

耳にできる粉瘤は原因不明と言われていますが、一説にはストレスや疲労が原因でできること言われています。また、ピアスを開けることでできやすくなることも指摘されています。

とくに、ピアスの材質を変えたり、空けたピアス穴を塞いでしまったときにできやすいと言われています。ピアスそのものによるものか、ピアスを空けることで耳への刺激が多くなったことでできるのか、因果関係ははっきりしませんが、ピアスを開けた経験がある人は粉瘤になりやすいということを覚えておきましょう。

耳以外にもなる粉瘤は再発する人も多い

粉瘤は顔や背中などどこにでもなる可能性があります。とくに耳にできやすいということもありませんが、一度、粉瘤になると何度も再発するという人もいます。一つの体質なのかも知れませんが、中には合わない食事やジャンクフードあるいは生活習慣などが問題で粉瘤になる可能性も指摘されています。

例えば、毎年忙し時期になると粉瘤ができたり、粉瘤が腫れるという人がいるからです。そのような場合もあるので粉瘤ができた場合には前後の生活を振り返り、思い当たる悪習慣がある場合にはやめること、また、規則正しい生活と休養を心がけましょう。

PR