聴覚障害の遺伝による難聴の症状は実際にあるのか?
208views

聴覚障害の遺伝による難聴の症状は実際にあるのか?

聴覚障害といっても様々な原因により難聴になることがあります。中には聴覚障害の遺伝により難聴の症状を発症する場合や、または生まれつき発症している場合があります。聴覚障害の遺伝だけでなく聴覚障害になる原因と治療法などについて説明します。

聴覚障害はどのようなものなのか?

聴覚障害はどのようなものなのか?

聴覚障害の状態は、医学的な見地からは、外部から音声の情報を大脳に送るための部位となる耳の関係する体の場所が、何らかの障害があることにより、聞こえにくい状態または聞こえなくなっている状態のことを呼びます。

この聴覚障害については3種類に区分することができ、耳の構造上、外耳から中耳の場所に障害がある場合は伝音性難聴と呼び、内耳から聴神経の場所に障害がある場合を感音性難聴と呼びます。また、この両方の障害がある場合には、混合性難聴と呼ばれています。

聴覚障害に関しては、症状により聞こえ方については個人差があり、その差は大きく異なることになります。この個人差により補聴器等の補助器具を利用しても、聞こえる音声と聞こえない音声に分かれる場合があります。

それだけ難聴の症状は人それぞれで大きく異なるものになり、他の障害と異なり判断のしにくいものになります。

聴覚障害になってしまう原因

聴覚障害になってしまう原因

聴覚障害の原因については先天性と後天性に分類することができます。

後天性の聴覚障害の原因としては、他の病気の影響、服用した薬の副作用等、そして頭部の強い衝撃、精神性ストレスの影響による突発性難聴や、加齢の影響による聴覚障害があります。この症状以外にも生活環境の騒音による難聴や職業性の難聴等による影響で聴覚障害になる場合があります。

先天性の聴覚障害は生まれつきの難聴に該当し、遺伝性難聴、胎性期難聴と周産期難聴に分類されることになります。

先天性の難聴による聴覚障害

先天性の難聴については遺伝性難聴と胎生期難聴と周産期難聴に分類することができます。

後者の胎生期難聴は、妊娠中による何らかの障害を受けたことが原因で難聴になる症状です。その主な原因としては薬剤や病気の感染によるものがあり、予防接種や完全な治療を受けておくことで防ぐことができる難聴になります。

周産期難聴については、出産する時に何らかの障害が原因で発生してしまう難聴になります。この難聴の場合には低酸素状態や重症黄疸が原因と言われています。

これらの難聴と異なり遺伝性難聴は、本人の遺伝子の配列が正常な人と少し異なることが原因で起こってしまう難聴になります。
2,000人に1人あるいは1,000人に1人の割合で発症してしまう病気と言われています。

この遺伝子の異常の中で聴覚の異常が1番頻度が高く、遺伝子については両親から子供へ理論的には半分ずつコピーされることになりますが、その結果親の遺伝子を調べることで子供の遺伝子異常が起こる確率を予測することができることになります。
しかし、親の遺伝子に異常がなくても稀なケースで子供の遺伝子に異常が起こる場合があります。

必ず聴覚障害が発症してしまうのが遺伝性難聴?

不安があれば病院や難聴に詳しい耳鼻科を訪れて相談してみましょう。

聴覚障害の遺伝性難聴については、親の遺伝子が子供にコピーされることになるので、両親が難聴の遺伝子を持っている場合には、子供にとっては聴覚障害の遺伝性難聴が発症ししまう確率が高くなることになります。

この時に注意したいのが、子供はこの遺伝子を受け継いでいても、必ずしも遺伝性難聴の症状が現れない子供も存在していることです。
これは、両親がともに難聴となっており遺伝子にも難聴の遺伝子が含まれていた場合には、子どもにその遺伝子が受け継がれることになりますが、その子供が遺伝性難聴の症状を発症しない場合があるからです。
しかし、正常な遺伝子を受け継いだ子供に対してよりは聴覚障害の症状の確率が高いと言うことです。

配偶者や自分自身、そして夫婦に近い親族に難聴が多い場合には、遺伝により子供に遺伝性難聴の発症確率が高くなると考えてしまいます。この悩みがある場合には、病院や難聴に詳しい耳鼻科を訪れて相談する方法があります。

現在の医学でも、遺伝子の影響がどれだけ難聴に影響しているかはっきり解明されていない状況です。しかし、遺伝子の検査を行うことで子供に難聴の影響があるのか詳しく調べてみるのも、不安を取り除く方法だといえます。

PR