放置をすると危険!耳に水が入ったらどう対処をするの?
1,721views

放置をすると危険!耳に水が入ったらどう対処をするの?

耳に水が入ったらすぐに対処をすることが健康のために大切です。間違った対処の仕方で耳の水を抜いているという人達は少なくありません。耳に水が入った場合に正しい方法で対処をするための効果的な方法などについて紹介をしています。

耳に水が入ったらどうすれば良いの?

海やプールなどで耳に水が入ったらどうすれば良いのでしょうか?耳に誤って水が入ってしまい、水が抜けなくなったという経験がある人も少なくないでしょう。耳に水が入ったままになっていると、様々な耳のトラブルや病気などが起こる原因になってしまいます。ここでは、耳に水が入った場合の効果的な対処方法について紹介をします。

耳に水が入ったら

水が抜けなくなった場合の対処方法

耳に水が入ってしまい、全然水が抜けなくなった時にどう対処をしたら良いのでしょうか?何日経っても、耳に入ってしまった水が抜けないという場合は耳の病気になっている可能性があります。数日経っても耳に水が入ったままという場合は、放置をせずに耳鼻科に行くことをおすすめします。

耳から水が抜けない場合には耳鼻科へ行く

耳に水が入って放置をしておくとどうなるの?

耳に水が入ったのに取り出さずに放置をしておくとどうなるのでしょうか?耳に入った水は、しばらくすると耳から溢れ出てきます。その理由は、耳の中に入った水が乾燥して自然に出てくるからなのです。そのため、もしも水が入ってしまっても、長くて3日もすれば耳に入った水は全部溢れ出てしまいます。

自然に耳から水が出ない場合は病気の可能性も

耳に水が入ってもしばらくすると水は全部抜け落ちていきます。3日以上経っても、耳の中に水が入ったままの場合は、耳に水が溜まる病気になっている可能性があります。耳の病気には様々なものがありますが、耳に汚い水が入ってしまった場合には中耳炎になっている可能性があります。さらに長期間たっても水が抜け落ちない場合は滲出性中耳炎になっている可能性もあるので注意をしてください。

耳から水がずっと抜けないと病気の可能性がある

耳に水が入らないように予防をすることも重要

耳に水が入ってしまうことはよくありますが、入らないように予防をすることもとても大切です。耳に水が少しでも入ってしまうと、中耳炎などの病気の原因になるので予め予防をしっかりと行いましょう。効果的な予防法にはどういったものがあるのでしょうか?

水泳用の耳栓が効果的

耳に水が入るのを効果的に防げるのは、水泳用の耳栓です。水泳用の耳栓は、通販サイトなどでも多数販売がされているので手軽に購入をすることができます。耳に水が入りそうになった時や水に入る時などは、水泳用の耳栓を使うと効果的に予防をすることができると言えます。

他にもドライヤーで乾燥をさせるのも効果的

耳から水を抜く方法

耳の中にかなり多くの水が入ってしまったという場合には、ドライヤーを使うのが効果的と言われています。ドライヤーを遠くから耳にあてて、乾燥をさせることで水が耳から抜け落ちていくようになります。あまり耳の近くにドライヤーをあてると、やけどをしてしまうこともあるので十分に注意をしてください。

ティッシュで水を吸い取る

手軽な方法では、ティッシュをこよりにして吸い取るというのも効果的です。しばら耳の中に入れてティッシュが水を吸い取るのを待ちましょう。この時に耳を下に向けたりすると水が出てきやすくなります。耳の近くにまだ水があるという場合であれば、こちらの方法で十分に水分を吸い取ることができます。しかし、水が耳の奥に入っているという場合はティッシュで完全に水を吸い取ることはできないので注意をしてください。

PR