女性に多いメニエール病の原因や対処のしかたは?
475views

女性に多いメニエール病の原因や対処のしかたは?

女性に多いめまいの病気として知られているメニエール病の原因は内耳の水膨れですが、どうして水膨れになるかは原因不明です。ストレスから来る病気、ともいわれるメニエール病。再発を繰り返し悪化することもあるこの病気について、その治療を調べてみました。

メニエール病について知ってる?

どのような人がメニエール病になるの?

どのような人がメニエール病になるの?メニエール病と言えば、若い女性の病気、というイメージがありますが、実際、30代後半から40代前半の女性がかかる場合が多い病気です。どちらかというと、肥満ではなく細身、性格も神経質、真面目、という方が多いので、ストレスからくる病気、という見方がされています。

メニエール病のメカニズム

メニエール病のメカニズムメニエール病は大きく2つに分類されると考えていいでしょう。メニエール病は内耳のリンパが増え、水ぶくれの状態になることから症状がでるのですが、その水膨れになる場所によって、症状が違います。内耳の蝸牛(かぎゅう)がひどく水膨れになると、難聴だけを感じます。この時めまいは感じません。水膨れが軽い場合は、難聴というよりも、「耳が詰まった感じ」や「耳鳴り」が症状として感じます。逆に三半規管・耳石器が強く水ぶくれになれば、めまいを強く感じます。めまいも立っていられないほどのひどいものが突然起こったり、体が浮いているように感じるものまで様々で、時間も10分から数時間続くのが特徴的です。蝸牛は聴覚(聞こえ)をつかさどり、三半規管・耳石器はバランスをつかさどっています。

付随する症状もつらい!

難聴やめまいのほかに、激しいめまいのせいで、強い吐き気や嘔吐、冷や汗、動悸息切れなど、むしろこちらの方が深刻な状態に見舞われることもあります。

メニエール病の原因は?

メニエール病は精神的ストレス、肉体的疲労、睡眠不足などの状態の人がなる傾向があるとはわかっているものの、メニエール病の原因である内耳の水膨れが起こる原因そのものは分かっておらず、厚生労働省の指定難病ではありませんが、難病の一つといわれています。

メニエール病の診断は?

めまいや耳鳴りと言えば、格好悩んでいる方もいますよね?しかしメニエール病は、専門医によって厳密に診断されます。

診断の難しさ

診断の難しさ一度だけ、数十秒のめまいがするだけではメニエール病とは診断されません。重要なのは、めまいや難聴、耳鳴りなどの発作が繰り返されること。また聴覚症状を伴っためまい、であることが診断の基準となります。ですので、初回の発作だけでは突発性難聴やそのほかの病気の場合もあるので、診察では、過去の症状についても慎重に聞き取りをおこなったうえで、めまいの検査や自覚しない難聴の存在も視野に入れつつ聴力検査を行うことが、正しい診断には不可欠です。

メニエール病の治療は?

初期の発見が大切です。

メニエール病は生命にかかわる病気ではありませんが、発作を繰り返すことにより、ひどくなっていくことがあります。早い段階で、適切な治療を行って、発作を予防したり、程度を軽くすることができます。「もっと早くくれば」、と医者に言われないように、めまいや耳鳴りなどだけでなく、メニエール病特有の難聴、低い音が聞こえにくかったり、響いて聞こえることがあれば、早めに受診しましょう。症状がでてから1週間以内に行く事をおススメします。病気が完成してしまう前に、症状が固定する前に治療を始めないと、投薬の効果がありません。

どのような治療をするの?

どのような治療をするの?薬による治療が主になり、めまいを軽くする薬や、水膨れの原因のリンパを少なくする薬が使われます。利尿剤やビタミン剤などを組み合わせて使用するのが一般的で、ストレスなど精神的な要因も多いとされるので、抗不安剤が使用されることも。薬も飲めないほどの場合は点滴で投薬されます。めまいに関してはこのように投薬で軽減されますが、難聴に関しては残念ながら進行を抑えられない場合もあるようです。

無理は禁物な病気

あらゆる病気に言える事かもしれませんが、メニエール病は特に無理は禁物、心穏やかに過ごすのだ大事です。ストレスで起こる病気ともいわれていますから、薬による治療も大切ですが、なによりも規則的で無理のない生活、ストレスから解放されるような環境、充分な休息と睡眠が悪化させないコツです。

PR