突発性難聴の治療はどうやってするの?突発性難聴の治療期間は?
245views

突発性難聴の治療はどうやってするの?突発性難聴の治療期間は?

過度のストレスが原因となって起こるのが突発性難聴と言われています。現代人は学校や会社などで多くのストレスを受けています。ストレスがたまっていくことによって、耳の聞こえ度に不調が出てきます。突発性難聴の治療や治療期間などについてご紹介しましょう。

現代人に多い突発性難聴

突発性難聴は現代病?
突発性難聴は、誰にでも起こりうる病気です。ストレスが原因で起こると言われており、年間に3万人から4万人もの方が、突発性難聴に掛かっています。突発性難聴の治療法や治療期間、症状の出方などについて詳しくご紹介しましょう。

突発性難聴とは?

人間が音を聞くときは、中耳にある耳小骨から振動が伝えられ、それが内耳の蝸牛のリンパ液に伝わります。そして有毛細胞を振動させて脳へ電気信号を伝えることで、音が理解できるようになります。突発性難聴は、内耳の蝸牛が障害を受けて、耳が聞こえにくくなる病気です。突発性難聴は、片方の耳だけにあらわれるのが特徴です。突然片方の耳が聞こえにくくなり、難聴になったと自覚します。

突発性難聴の症状は?

突発性難聴は片耳だけ急にきこえなくなる
突発性難聴になると、突然片側の耳が聞こえにくくなります。耳にふたをしているような状態となり、ぼわーっと音が聞こえるのが特徴です。

突発性難聴は、いつ起こったかがはっきりとわかるほど、自覚症状が出てくる病気です。また、まったく音が聞こえないのではなく、耳がつまったような症状が出てきます。片側の耳だけに現れるのが特徴で、耳の聞こえにくさと同時に、めまいを感じたりキーンというような耳鳴りが起こったりもします。

突発性難聴の原因は?

突発性難聴が起こる原因は、はっきりとは解明されていないのですが、ウイルス性であるという説や、血流障害が起こっているからという説などがあります。また、ストレスが大きく関係しているのではないかという説もあります。

突発性難聴の治療法は?

突発性難聴は薬物治療
突発性難聴の治療は、副腎皮質ホルモン薬や利尿薬、ビタミン剤などの服用が中心となります。副腎皮質ホルモン薬は、ステロイド系の薬なので副作用の心配をされる方がいらっしゃいます。ステロイド系の薬は、長期間にわたって飲み続けることによって、顔がふっくらとしたり、肩やおなかが太ったりする副作用が現れます。ただ、突発性難聴の場合は長くても2週間程度となるため、副作用の心配をする必要はないでしょう。副腎皮質ホルモンの薬は、使用を急にやめてしまうと副作用が出てくるため、医師に言われた容量を守って最後まで薬を飲むことが大切です。

突発性難聴になったと感じたら、なるべく早めに病院を受診して、薬の服用をスタートさせることが大切です。突発性難聴は、まったく耳が聞こえなくなるわけではないため、病院に行くことを後回しにしがちですが、突発性難聴を発症してからの期間が長くなればなるほど完治に時間が掛かるようになります。

突発性難聴は再発するの?

一度突発性難聴に掛かると、再発はしないのでしょうか?難病情報センターによると、突発性難聴は再発をしないことが一つの特徴だとされています。よって、突発性難聴は一度掛かると再発はしない病気ということです。ただ、何度も突発性難聴になったというような話をきくことがあります。これはいったいどういうことなのでしょうか?

突発性難聴とよく似ている疾患に、低音障害型感音難聴があります。若い女性に多いとされている疾患で、片方の耳が聞こえにくくなり、低音の耳鳴りが伴うのが特徴です。低音障害型感音難聴も、突発性難聴と同じように耳が詰まったような感じがあります。何度もかかったと話をしている方は、低音障害型感音難聴になっていたのかもしれませんね。

PR