ストレス社会に急増している突発性難聴。その突発性難聴の原因と治療法は?
184views

ストレス社会に急増している突発性難聴。その突発性難聴の原因と治療法は?

最近、突発性難聴を発症する患者さんが増えているようです。原因不明のこの病気ですが、最近はストレスが突発性難聴の原因ではないかと言われています。残念ながら、この病気の本当の原因は究明されていないのが事実です。一体どういうような症状でどのように対処すれば良いのでしょうか?突発性難聴についてまとめました。

ストレス社会に増え続けている突発性難聴

突発性難聴は増えている病気

約10年弱で突発性難聴となった患者さんは1.5倍に増えたと言われています。実は、この突発性難聴は、きちんとした原因は解明されていません。突発性難聴の原因のひとつとして、ウィルス感染によるものだと言われています。しかしながら、実際にどういったウィルスがどのような影響を与えているのかをはっきりと解明できていません。もうひとつは、耳から聞こえる音の振動を脳へ伝える役割を担っている有毛細胞が、血流障害によって障害を起こすことで難聴となるという説があります。さらに、最近の患者数が増加傾向にあることにおいて、ストレスが起因となって突発性難聴を引き起こすと言われており、ストレスと突発性難聴は切っても切れないものとなっています。

突発性難聴はストレスが原因という説もある

突発性難聴の症状とはどんなものなのか?

突発性難聴を患うと、すぐに本人はその症状に気づくと言われています。それほど、はっきりと明確に「片方の耳が聞こえない」と分かるそうです。さらに、いきなり片方の耳が聞こえなくなることによって、三半規管のバランスが崩れめまいを引き起こされます。ですから、めまいと耳が聞こえなくなると言う症状が現れたら、突発性難聴を疑っても良いかもしれません。ただし、このめまいの症状は、しばらくすると改善されます。めまいがなくなってきたからと言って、突発性難聴が治ったとはいえません。

早期発見と早期治療で予後が変わってくる!

突発性難聴は早期治療が大事

突発性難聴は早めの治療で回復が変わってくると言われています。理想としては、2日以内に治療することができるのであれば、回復する確率は高まりますが、治療しても治らないケースの場合、2週間以上放置していたことも要因となります。出来れば、10日以内に治療を始めることで、その治療結果が異なってくると言われています。そのため、突発性難聴の症状が現れたらすぐに病院へいくことが大切です。

突発性難聴の治療方法は?

突発性難聴の治療には休息も大事

突発性難聴の治療方法は、ステロイド剤、血管の血流を促す薬の投与など様々な方法があります。それに合わせて、安静が大事になっていきます。ストレスの原因を取り除くことで、難聴を悪化させることを防ぐことが出来ます。今の時代、なかなか休息することがなく、また休息することで心配事が増えたりしますが、出来る限り安静し、徐々に普段の生活に慣らしていくということが大切です。

遺伝や病気、様々な要因ではありません。

片方の耳が聞こえずらくなる病気は、ヘッドホン難聴やムンプス難聴などいろいろとありますが、突発性難聴は、本当に普通の生活をしていたときに急に起こる難聴です。また、遺伝的な難聴であれば、たとえ突発的な難聴としても、その難聴が発症する前から、耳が聞こえづらいことがあった、などの経過が見られます。突発性難聴は、本当に急にあるタイミングから聞こえなくなるのです。

まとめ

突発性難聴は、ストレスフルな社会では今後の増える疾患になるかもれません。ストレスを抱えた人にとって、今、忙しい時間帯にわざわざ会社を休んで行くほどなのか、あるいはそこまでひどくないと思っているなどと、今置かれている自分の状況を見失ってしまうことがあります。ただし、突発性難聴は治る病気ですが、早期発見、早期治療をしないと予後が悪くなってしまうのです。ですから、何か少し調子がおかしいと感じたら、ぜひ病院を受診しましょう。

PR