耳が聞こえづらくなる病気、耳管狭窄症の治し方について!
5,052views

耳が聞こえづらくなる病気、耳管狭窄症の治し方について!

耳管狭窄症の治し方について説明しています。耳管狭窄症とは、耳が詰まって聞こえづらくなる病気です。風邪や鼻炎など身近な病気が原因になることも多いため、耳管狭窄症を経験したことがある人も少なくないはずです。耳管狭窄症になった際にはどのような治療が行われるのでしょうか?

耳管狭窄症の症状と原因

耳管狭窄症の症状

耳管狭窄症の主な症状は耳が詰まった感じと自分の声が耳の中で響くこと耳管は耳の中にあり、中耳と鼻腔を繋げる管です。この耳管の働きが弱まって通気が悪くなった状態のことを耳管狭窄症と呼びます。耳管狭窄症と聞くと馴染みがありませんが、耳詰まりの症状は多くの人が感じたことがあるのではないでしょうか?例えば飛行機に乗った際に、耳が詰まったことがありますよね。あの症状は、軽度の耳管狭窄症の症状なのです。

耳管狭窄症の主な症状は、耳が詰まった感じと自分の声が耳の中で響くことです。この症状が長く続く場合には、耳管狭窄症が疑われます。耳管狭窄症では、耳の中に痛みを感じることはほとんどありません。しかし、前述した症状により耳の不快感が続くため、早い段階で耳鼻科を受診する人が多いようです。

耳管狭窄症の原因

耳管狭窄症の原因の中でも最も身近なのが風邪耳管狭窄症の原因の中でも最も身近なのが、風邪です。風邪によって鼻がつまってしまい、その影響から狭窄症を引き起こしてしまいます。風邪以外にも、鼻炎・副鼻腔炎・上咽頭炎も原因となります。これらが原因の耳管狭窄症はほとんどが軽度ですので、治療をすればすぐに回復が期待できます。

耳管狭窄症は、扁桃腺肥大や上咽頭血管線維腫、上咽頭がんが原因で起こることもあります。このような場合には、それぞれ適した治療を行わなければなりません。

耳管狭窄症の治し方

原因となっている病気を治す

耳管狭窄症の治療では、原因となっている病気によって異なる治療が行われます。原因が風邪・鼻炎・副鼻腔炎・上咽頭炎の場合、薬によって治療を行います。炎症による腫れで耳管が狭くなっているため、炎症が治まれば耳管狭窄症の症状も治まります。また、扁桃腺肥大による耳管狭窄症の場合は、扁桃腺の一部を切除する治療が行われます。扁桃腺を切除することで、耳管狭窄症も自然と治まります。

耳管狭窄症の原因の中でも最も危険なのが、上咽頭血管線維腫と上咽頭がんです。この場合は、耳管狭窄症の症状に加えて視力低下や脳神経に異常が見られます。これらの病気は、放射線治療や手術を受ける必要があります。

耳管狭窄症は単なる耳の詰まりと考えられがちですが、前述したように危険な病気のサインになっている可能性があります。そのため、耳の詰まりが長く続くようであれば、1度耳鼻科で検査を受けてみましょう。

通気療法

耳管狭窄症の治し方で最もポピュラーなのが、通気療法です。通気療法には3つの種類があり、大人と子供では治し方が異なります。3つの通気療法について詳しく見ていきましょう。いわゆる耳抜き

まず、軽度の耳管狭窄症の治し方として効果的なのがバルサルバ法です。この方法は、多くの人が実践したことがあるかも知れませんね。やり方は、鼻をつまんで口を閉じ、息を吐きます。気圧の変化によって耳が詰まった際に行う、いわゆる耳抜きです。

ポリッツェル法は、耳鼻科で行われている子供向けの治療法です。片方の鼻の穴にゴムの玉を入れ、もう片方の鼻の穴をふさぎます。その状態で水を飲む、もしくは発音することで耳管狭窄症の症状を改善することができます。発音の代表的なものが「ハック」「クックックー」「ガッコー」などです。

大人の場合、耳鼻科ではカテーテル法が行われます。カテーテル法は片方の鼻の穴にカテーテルを挿入し、空気を送り込むことによって症状を改善する方法です。バルサルバ法やポリッツェル法に比べてより高い効果が期待できる治療法です。

これらの治療法を定期的に行うことで、耳管狭窄症は改善します。

PR