生活習慣の改善が要!ご自身でも可能なED改善法あれこれ
62views

生活習慣の改善が要!ご自身でも可能なED改善法あれこれ

EDを「年齢だから仕方ない」とあっさり受け入れてしまうのは、男として生命を授かった以上、あまりに寂し過ぎる選択ですし、それは「素直」とは言えません。自身のライフスタイルを少し改善するだけでもED改善効果を確実に実感出来るのです。

異性にときめかなくなっていませんか?

ED改善を行う際、どうしても肉体的な衰えや体調不良が起因していると捉えがちですが、一度冷静に視野を広げて原因を探る作業も大切です。

心因性EDと称されるメンタル面が原因のEDに関しては、内科的治療だけではなく、患者自身の「気持ち」がED改善の「要」となります。

異性に対し、ときめきが薄れてしまっているのであれば、いくら病院で治療を行ってもなかなか元に戻すのは難しくなるでしょう。まずは普段の生活から異性に対する興味を取り戻すことが大切です。

ED改善はまず女性に対するときめきを取り戻すこと

すれ違いざまの仄かなシャンプーや香水の香り
いつしか無反応な自身にお気づきですか?

家庭内セックスレスの多くの原因が、妻を女性として見る事が出来ず、性的欲求を覚えなくなってしまった結果である事は皆さんもご存知の通りでしょう。この「性的欲求を感じない」が全女性に対して共通すれば、極端な話ですが生物として勃起する必要も欲求も不要となってしまいます。

草食系男子なる言葉が少し前に流行しましたが、ED改善とこうした男性の女性に対する性欲の減衰は無関係とは言えず、これがあなたの心理の奥底に潜むEDの原因の可能性も否定出来ないのです。

見逃せぬ無気力無関心とEDとの関連性

自身の心身に元来先天的に存在する「性欲」とは無関係と思われるEDの原因も実在しており、こうしたED改善にはこれらの原因の特定から改善あるいは原因自体の排除が必要となります。

とりわけ未だ老け込むには早い世代のEDの原因として挙げられるのが、実社会や日常生活に於ける過度なストレスの蓄積です。意に沿わぬストレスフルな人間関係が結果招いた無気力が、対女性あるいは性行為にも連動してしまい、結果EDという症状となって現れてしまうのです。

仕事、人間関係、様々なストレスがEDの原因に

異性とは無関係に思えるストレスの蓄積が
男性としての機能を奪い始めているのかも?

しかし現実問題として経済社会を生きて食べて行く以上、実社会あるいは自身を取り巻く人間関係を、ある日を境に全てカットしてしまう事は不可能です。こうした原因を踏まえてのED改善は容易ではありませんが、完治の可能性の鍵を握るのは何よりもあなた自身の「意思」である事を、先ずはしっかりと自覚してください。

そして少しずつで構いません。ストレスを上手に流し誤魔化せる、あるいは発散出来る楽しみやノウハウを見つけ出し、昨日よりも今日、少しでもリラックス出来る環境を手に入れる作業からスタートしてみましょう。ED改善はその先であなたを待っていてくれるのです。

市場に流通する各種ED改善製品に着目しよう。

すっぽん料理、最近であれば各種サプリメント、漢方関連製品など、ED改善を連想期待させるアイテムは数え切れません。これらはいずれも一意的に男性自身に元気を与える「薬品では無い特効薬」的な働きを体内に届ける存在であり、常用にはリスクが伴う事を十分理解の上での使用が鉄則です。

ですが全てを頭から否定する必要はありません。忘れていた男性自身が元気になった「あの感覚」を思い出す意味で、ワンポイントで用いてみるのも一案です。ED改善を目指す以上、逞しい男性自身を取り戻した際の感動を事前に確かめておく事もまた、強い決意を後押ししてくれる事でしょう。

食事もサプリメントもED克服には試したい

いざED改善スタート!精力増強効果の力を一時的に借りて
忘れていた「あの感覚」を確かめるのも一案です。

PR