妊娠初期に下痢が続くのはなぜ?妊娠初期の悩みを解決!
308views

妊娠初期に下痢が続くのはなぜ?妊娠初期の悩みを解決!

妊娠初期に下痢が続くという経験をしたことがある妊婦さんも少なくないはずです。下痢は、妊娠初期に多い体の変化の1つです。では、なぜ妊娠初期は下痢になりやすいのでしょうか?これには、妊娠初期ならではの原因があります。

妊娠初期に下痢が続く理由

妊娠初期に下痢が続く理由

妊娠初期は体に様々な変化が表れる時期ですが、この時期に下痢が続く人も少なくありません。妊娠初期は精神状態が不安定ですので、下痢の症状がストレスになることもあります。そのため、妊娠初期に下痢が続くことで悩んでいる場合は、できるだけ早い段階で改善することが望ましいと言えるでしょう。では、妊娠初期に下痢が続くのは何が原因なのでしょうか?

下痢とつわりの関係

妊娠初期に下痢が続くのは、つわりが大きく関係しています。妊娠初期は、辛いつわりに苦しめられる人が多いようです。つわりのせいで食生活のバランスが崩れてしまい、その影響から下痢になってしまいます。また、妊娠すると胃の消化機能が低下すると言われています。そのため、脂っこい物を食べると消化できずに下痢になってしまいます。

また、つわりの最中は温かい食べ物よりも冷たい食べ物の方が食べやすく感じます。そのため、冷たいものばかり口にしている人も多いはずです。しかし、冷たい食べ物は体を冷やす原因となってしまいます。また、冷たい飲み物も体を冷やします。このような食べ物による体の冷えが、下痢を引き起こしていることも考えられます。

ホルモンバランスの変化

妊娠初期に下痢が続く原因には、ホルモンバランスの変化も挙げられます。妊娠すると、女性ホルモンが多く分泌されます。そのうちのプロゲステロンというホルモンは、腸の働きを弱めてしまうそうです。このホルモンの影響から下痢になってしまいます。また、ホルモンバランスが乱れると体温調節が難しくなります。これにより体が冷え、下痢になってしまうのです。

妊娠初期に下痢が続く原因

このように、妊娠初期に下痢が続く原因は様々です。あまりにも下痢が長く続くと、心配なのは赤ちゃんへの影響ですよね。実際は、下痢が赤ちゃんに影響することは少ないと言われています。しかし、下痢の原因が冷えの場合は赤ちゃんへの影響が心配されます。冷えは流産を引き起こす可能性があるため、注意しましょう。下痢の原因にはホルモンバランスが関係しているためなかなか改善されないことも多いようですが、妊娠初期は自分でできる下痢対策を行いましょう。

妊娠初期の下痢を改善するためには?

妊娠初期に続く下痢の改善方法

まず、下痢の改善に大切なのが食生活です。つわり中で食べられないものが多いかと思いますが、なるべくバランスの取れた食生活を心がけましょう。また、これもつわり中には辛いかと思いますが、なるべく温かい食べ物・飲み物を口にしましょう。これだけでも、食事による冷えを防ぐことができます。また、妊娠中は胃腸がデリケートになっています。そのため、お腹を壊しやすい生ものや消費期限が近いものは避けることが無難です。

妊娠初期は、食べ方も工夫してみましょう。前述したように、妊娠中は胃腸がデリケートな状態です。そのため、これまで通りの食事の量だと胃腸に負担が掛かりすぎてしまうことがあります。胃腸の負担を減らすためにも、食事は少量ずつ小分けにして食べることを心がけましょう。ゆっくりと食べれば、胃腸への負担も更に軽くなります。

妊娠初期に続く下痢の改善方法入浴

体を温めるためには、入浴も効果的です。これまでシャワーで済ませていた人も、妊娠したら毎日湯船に浸かる習慣を付けましょう。湯船にゆっくりと浸かって体を温めれば、リラックス効果も得られます。妊娠中は、入浴の時間を有効に使いたいですね。

PR