お腹の弱い方必見!下痢の痛みを和らげる方法!
72views

お腹の弱い方必見!下痢の痛みを和らげる方法!

お腹の弱い方は下痢の痛みを和らげる方法を覚えておいたらいざという時役に立つかもしれません。 大事な仕事の時や渋滞中など下痢の問題が大きくなる時がありますので、普段からお腹の弱さに悩んでいる人は緊急事態のための対策を色々と講じるようにしましょう。

お腹の問題に悩まされている方におすすめの下痢の痛みを和らげる方法

困る場面が多い下痢の痛み

大事な場面で下痢の痛み

大事な場面で下痢の痛みが発生して冷や汗をかくような経験をしたという方は多いと思います。

この種の問題はその場でなんとか耐え抜かなければならない場面が多く、普段からお腹の弱い人にとっては常に不安を抱える悩みの一つとなっています。

仕事の大事な会議やその他大切なお客様と接している時など、下痢に悩まされている場合ではないシチュエーションも多くありますので、普段からこの問題を抱えている人は下痢の痛みを和らげる方法をしっかり覚えておき、大切な日はしっかりと備えをしておくことが大切です。
効果が期待できる対策法を一緒に考えてみましょう。お腹が弱い方は必見ですよ!

手っ取り早く下痢止めに頼ろう

かなり即効性のある下痢止めもあります

下痢の悩みを持っている人にとって一番恐ろしいのは、大切な場面で腹痛や下痢が襲ってくることではありません。

最も恐ろしいのはトイレが近くにないところで下痢の痛みが襲ってくることです。

トイレのない電車の中や渋滞中の車の中などすぐにトイレに駆け込むことが物理的に不可能な場所で本格的な腹痛が発生すると冷や汗ダラダラになるくらい追い詰められることでしょう。

そのような方に手っ取り早くおすすめしたいのは下痢止めを持ち歩くことです。

最近では水無しで飲める下痢止めもありますので、そうしたものをバッグや財布の中に忍ばせておくならば、「いざとなれば下痢止めがある」という心理的な安心感も働きますので、とても良い対策になります。

かなり即効性のある下痢止めもありますので、自分の体質に合ったものを選ぶようにしましょう。一つの下痢止めを試してみて、効果がイマイチでも、別の商品は身体に合っているかもしれません。

かなり頻繁に下痢になる人は下痢止めを常備するようにしましょう。

本当の緊急事態のためにツボも覚えておこう

いくつか腹部に効くツボが存在します

下痢止めを忘れてしまったり、下痢止めが効かなかったりした場合になんとか下痢の痛みを和らげるために、下痢に効くと言われるツボを覚えておきましょう。

自分の人差し指と親指の骨がちょうどぶつかる一から若干人差し指側の部分が「合谷」と呼ばれる下痢に効くと言われるツボです。この部分を指圧することで下痢の痛みを和らげることができると言われています。

そのほかにもいくつか腹部に効くツボが存在しますので、下痢に効きそうなツボを片っ端から調べて、緊急事態に備えるのはいかがでしょうか。

心理的な要素も手伝って心を落ち着かせ下痢の痛みに対処できるかもしれません。

さらに梅を摂取することで普段から下痢に対する対策となるとも言われています。

こうした腸内を整えてくれる食べ物を積極的にとったり、食べ過ぎや冷たい飲み物を飲みすぎないなど、下痢につながりやすい生活習慣を変えていくことも必要です。

今までの人生で下痢の問題に悩まされている方は、是非とも下痢止めと下痢対策のツボ、試してみてください。

一回それでピンチを切り抜けられれば次回からはその存在事態が精神安定の役割を果たしてくれるかもしれませんね。

PR