これって病気?!気になる下痢血便の原因とは?
1,225views

これって病気?!気になる下痢血便の原因とは?

トイレに行ってみたらまさかの出血!そんなことになってたらびっくりしますよね。いったいどうしてそんなことになっているのでしょうか?下痢血便の原因をチェックして気になることがあったらすぐに病院へ受診をしよう!

一年に一回きちんと健康診断を受けていますか?

特に受けていないひとで下痢や血便で気になる人はしっかりと自分の便の状況を確認して早急に病院への受診をしましょう!それでは下痢血便で考えられる病気をさっそくチェックです!

下痢血便の原因で考えられる病気って?

下痢血便の原因で考えられる病気

血液が混ざっている出される便を「下血」というそうで、血便にも実は種類があるんだそう。色が黒色になっているものを「タール便」、鮮血が混ざっているものを「血便」とふたつに分かれます。

この違いとしては黒色になっている「タール便」は肛門から遠い位置での出血(胃なども含む)の場合肛門まで到達する過程で腸内細菌などの影響を受けることにより血が黒くなって排出されるのが特徴で、鮮血の混じっている「血便」に関しては肛門から近い出血があるということになります。

痔・裂肛

出血している色は鮮やかな赤。排便のときに肛門付近に痛みや違和感を感じます。再発することが多く、痛みや違和感以外に発熱は腹痛などの症状は見られないそう。

下痢血便の原因で考えられる病気は痔

早期大腸がん・大腸ポリープ

ほぼ症状がないことが多く、便通についても通常通りの場合がほとんどだそう。血便についても少量なことが多く、たまたまおこなった検便などで便に血液が混ざっていることがわかることが多いそう。

この結果を踏まえ、大腸カメラなどでの詳細な検査を行われることになるが、ポリープはもちろん初期の大腸がんであればその検査時に病へんを取ってくれるので体に負担をかけることなく治療をしてもらうことができる。

大腸がん・直腸がん

便が粘性のある液と一緒になって出てくることが多く、便通自体も下痢や便秘をくりかえすようになり、普段の習慣とは変わってくることが多い。排便した後もスッキリとすることが少なくなることもある。

これは腸の中にできたがん細胞などの病へんが大きくなり、便があるように感じてしまっていることもあるそう。出血については素人でも明らかに出血をしていることがわかる状態になっている。腹痛についてはある人とない人がいて個人差が見られる。

潰瘍性大腸炎

大腸に潰瘍が多数できてしまう病気。30代と比較的若い人がなることが多い病気とされている。はっきりとした原因はわかっていないが、免疫異常やストレスなどの心理的要因が関わっているのではないかと言われている。

症状としては粘性の混じった便が出るようになり、血便はイチゴジャムのような見た目の便になることもあるそう。下痢をよくくりかえるようになるのが特徴。

大腸憩室症

大腸の壁に小さな部屋(袋状)ができる病気。一般的に高齢者に多いとされている。

症状は無いが、そのできた部屋で腸の内容物が溜まることによって炎症が起こり、それによって出血をし、その血が便に混ざって排出される。その便は膿や粘液が混ざった血便になるそう。出血自体はそんなに多くはない。

最後に

下痢血便の検査

血便で考えられる様々な病気をチェックしてみましたがどうでしたか?

自分自身「アレ?」と思ったときはまず自分自身の便状態をしっかりとチェックすることが大切です。そして一日に何回ぐらいしたのか、その時に痛みはあったのかなど、しっかりとメモをしておくと病院に行った際の問診でとても役に立つので、検査自体もその症状を見てピンポイントで行ってくれるので体はもちろん経済的な負担も少なくて済みます。まだまだ若いと思っていてもさまざまな病気になる可能性はあります。

ぜひとも自分自身の体のメンテナンスを忘れないようにしてくださいね!

PR