妊娠後期の便秘の原因、対処法は?辛い便秘を何とかしたい!
111views

妊娠後期の便秘の原因、対処法は?辛い便秘を何とかしたい!

妊娠後期になるとおなかの重さだけでも大変です。それに加えて子宮に大腸が圧迫されることもあり、妊娠後期の便秘がひどくなる傾向が強いのです。また赤ちゃんが大きくなりその存在をより強く感じることによって、トイレで踏ん張るのが怖くなります。妊娠後期は様々なことが重なり合い強固な便秘に陥るのです。

妊娠後期は何をするにも怖くなる?

妊娠後期の行動

妊娠は病気じゃない、普段通り掃除して家事をこなして体をしっかり動かすことが安産になるのよ、なんてお姑さんに言われても、初のお産でおなかがどんどん大きくなって、次第におなかの下の足が見えなくなる後期になると、ちょっとした家事も怖いという妊婦さんが多くなります。ましてや早産などの危険を乗り越えてきた妊婦さんなどはなおさら怖いでしょう。正常な経過をたどっている妊婦さんでさえ、妊娠後期は動きが緩慢になりますので、どうしても筋力が弱くなりますし、便をするために力むという行動すら怖くなります。動かなくなる時間が多くなると、血液の循環も悪くなり便秘がひどくなってしまいます。

動くのが怖い・・と思ったら医師に相談してみましょう。大丈夫、どんどん動いてといわれれば怖がることなく無理のない運動を。医師が安静に、ということなら、便秘をしている状態を告げ、妊娠中でも利用できるお薬を処方してもらうのも一つの手段です。
激しい運動ではなくて、自分が気持ちいと思う運動を行うのも便秘解消の手段です。例えばマタニティヨガなど、体の筋や関節を伸ばし血液の循環をよくするスローな動きの運動も妊婦さんに最適です。後期になって検診で順調、体動かしてねと医師からお墨付きを頂いている方は、掃除やお散歩など体を動かすことを楽しみましょう。

便秘解消には野菜と水分をしっかり取ることを心がけて

妊娠中は口が変わるといわれるほど、好みが変わる方がいます。まったく食べることができなかった嫌いな食べ物好きになったり、今まで大好きだったものが突然食べられなくなったり、こうした食べ物の好き嫌いが便秘につながることもあります。お肉類などを食べるときにも野菜を十分摂取し、水分もしっかり摂取しましょう。水分不足と野菜不足は便秘になります。野菜だけを摂取するのではなく胃腸でかさのある食物繊維がすんなり便として排出されるように、水分をしっかり摂取するということも必要です。

妊娠後期の便秘解消には野菜と水分を摂取

普通のサラダが食べられないという人は温野菜にしてもいいですし、サツマイモやカボチャのスープなども食物繊維の摂取につながります。ごぼうなども食物繊維が多い食べ物で便の量が多くなりますので、積極的に食べましょう。バランスのいい食事+野菜、そして水分が重要です。
自分が食べるものは赤ちゃんに直結している、と思うあまり、栄養価の高いものやカロリーの高いものばかり食べていると体重増加、妊娠中毒症の恐れがあるほか、便秘の原因ともなります。メニューにサラダ、お浸し、またひじきの煮物なども食物繊維、鉄分ともに多いのでおススメです。

鉄欠乏性貧血のお薬で便秘になる方も多い

鉄欠乏性貧血は、妊娠後期に起こりやすい貧血です。赤ちゃんがおなかの中で大きくなりよりたくさんの栄養素が必要になってくると妊婦さんの鉄分がどんどん赤ちゃんに利用されてしまいます。もともと貧血気味ではない人も、妊婦さんに多い鉄欠乏性貧血になる事が多く、この薬を飲むことで便秘になった樋人も少なくありません。この場合、医師に便秘であることを相談し、妊娠中でも飲めるお薬を処方してもらいましょう。

妊娠後期は鉄欠乏性貧血の薬が便秘の原因になる

鉄分を補うお薬で便秘になっていることがわかっても、決してお薬を自己判断でやめることはしないでください。鉄分は赤ちゃんの成長に必要不可欠な成分です。鉄分不足が赤ちゃんの成長を抑制する可能性もありますので、妊娠後期の便秘で苦しい人はお薬を止めることなく医師に相談してください。

PR