妊娠中の便秘は誰もが体験?市販の便秘薬は禁止なの?
41views

妊娠中の便秘は誰もが体験?市販の便秘薬は禁止なの?

妊娠中の便秘は、ほとんどの妊婦さんが経験しています。以前は便秘と無縁でも、妊娠して初めて便秘を経験したという人がいるくらいですから、妊娠中は便秘になりやすいものだと認識しておいたほうがいいでしょう。ここでは、妊娠中の便秘の原因や対処法についてお話します。

妊娠中の便秘は必然!?2種類ある妊娠中の便秘

妊娠中は腸の様子がいつもと違って便秘になりやすい

妊娠中の便秘は、妊婦さんにとって必然といってもいい現象です。その証拠に、妊娠中の便秘には2種類あることをお話しておきます。

赤ちゃんが子宮の中で成長してくると、大腸が圧迫されて便秘を起こしやすくなります。直腸性便秘というもので、大腸内に排泄物がとどまることにより、排泄物の水分が大腸に吸収され過ぎてしまうのが原因です。

もう1つの妊娠中の便秘の種類が、弛緩性便秘です。胃腸にある平滑筋を緩める作用を持つホルモン、プロゲステロンが妊娠中には多く分泌されるため、大腸のぜん動運動が弱まってしまうことがあるのです。他にも、運動不足による筋力低下やつわりによる食欲不振なども、妊娠中の便秘の原因として代表的です。

妊娠中の便秘を食事や生活習慣で改善する方法

妊娠中はいつもと違ったライフスタイルをつくろう

妊娠中の便秘は、ライフスタイルの改善によって解消するのが一番です。例えば、人間は古くからの性質で午前中に排泄をするように促される面があります。便秘がちだけれど、排便をするなら朝という人も多いのではないでしょうか。
この性質を利用して、なるべく朝トイレに行く習慣を作るようにしましょう。続けているうちに、自然に排泄したくなる習慣がついてきます。

朝起きて一番に、冷たい牛乳や水を飲むのも効果的です。水は、ミネラル分が多く含まれた硬度の高いものを選ぶといいでしょう。
食事面では合成の添加物を控え、パンやご飯も精製していないものを選ぶことをおすすめします。白米より玄米、白パンより胚芽パンという具合です。こんにゃくや寒天、ところてんなどの水溶性食物繊維を積極的に摂るのも、便秘解消につながります。

妊娠中の便秘を解消するためのツボはどこにある?

便秘のツボを活用しよう

便秘解消に効果的なツボは、手と足腰にあります。食生活には好みがあり、妊娠中にはつわりで食べたくても食べられないものも出てきます。運動も苦手とする人がいるでしょうから、ツボ押しは誰でも楽に便秘解消を促せる方法といえます。

手にあるツボでおすすめなのは、神門です。左手首の内側、小指と薬指の間をそのまま下がった部分にあるのが神門で、押すと腸のぜん動運動が活発になります。
妊婦さんが自分でツボ押しをするときに楽なのは、この神門と足の裏にある土踏まずでしょう。土踏まずを時計回りに揉むと、小腸と大腸が刺激されます。土踏まずは疲れやすい場所でもありますから、身近な人と押し合いをするのもいいかもしれません。心身の疲れが取れて、スッキリ効果も得られるでしょう。

妊娠中の便秘に効果的なエクササイズはある?

妊娠中には控えておかなければならないスポーツもありますが、おすすめのスポーツもあります。マタニティスイミングやウォーキング、マタニティヨガなどは、おすすめの代表的スポーツです。
ウォーキングが便秘解消にも効果的なのは、全身を使って動くことで骨盤を揺らすことができるためです。水泳と共に、全身運動として非常に健康的なスポーツです。

水泳の場合は、妊娠中におすすめできない泳法もあります。平泳ぎのように膝に負担をかけやすい泳ぎ方は、控えたほうがいいでしょう。クロール、背泳ぎ、バタフライなどは便秘解消にもおすすめですが、自己流ではなくコーチの指導の下に泳いだほうが無難です。
この他、窓や床の拭き掃除も妊娠中の便秘を解消するのに役立ちます。ただし、無理はしないように気を付けてください。

PR