潰瘍性大腸炎の症状・原因・治療法が知りたい!
695views

潰瘍性大腸炎の症状・原因・治療法が知りたい!

20〜30代の方に多い、潰瘍性大腸炎の症状や原因、治療法について詳しくご紹介しましょう。粘血便や下痢、腹痛の症状がずっと続いているという方はいらっしゃいませんか?もしかすると、潰瘍性大腸炎かもしれません。潰瘍性大腸炎とはどのような病気なのでしょうか?

潰瘍性大腸炎について詳しく知ろう!

潰瘍性大腸炎は、10代から30代の成人に多い病気

潰瘍性大腸炎は、10代から30代の成人に多い病気です。腹痛が長期間続いたり、粘血便が出ているという方は、潰瘍性大腸炎に掛かっているのかもしれません。
潰瘍性大腸炎とは一体どんな病気なのでしょうか?潰瘍性大腸炎の症状や原因、治療法についてみていきましょう。

潰瘍性大腸炎の症状

潰瘍性大腸炎になると、便が柔らかくなって下痢の回数が増えたり、便に血液が混ざったりします。また、けいれん性か持続的な腹痛を伴うことがあります。症状が重くなってくると、高熱が続いたり、体重が減ったり、貧血などがあらわれてきます。このような症状以外にも、皮膚や関節、眼の合併症が出てくることがあります。

潰瘍性大腸炎の合併症に、アフタ性口内炎があります。口の中の粘膜にアフタとよばれる浅い潰瘍ができてしまい、その潰瘍の周りが強く痛みます。また、目の症状としては、虹彩炎やぶどう膜炎などがあり、目が痛くなったりまぶしさを感じたりします。目の充血が出ることもあります。
また、合併症の中で一番多く症状が現れるのが、関節炎で、特に膝や足首の関節が痛む場合が多いです。脊椎が固まってしまい、つながってしまう強直性脊椎炎の合併症もあります。

潰瘍性大腸炎の原因

喫煙者は非喫煙者と比較して発病しにくい

潰瘍性大腸炎は、男性は20歳か24歳にかけて、女性は25歳から29歳にかけて多い病気です。男女比は1:1で、喫煙者は非喫煙者と比較して発病しにくい病気です。
潰瘍性大腸炎の原因は、現段階では明確にされていません。ただ、体の中に異常な抗体ができてしまって、それが大腸の粘膜を攻撃しているのではないかと言われています。また、遺伝的な要素であったり、食生活が関わっているとの研究もあります。

潰瘍性大腸炎の治療法

潰瘍性大腸炎の治療は、どれくらいの症状が出ているのかによって異なります。基本的な治療は、薬物療法を使い、いくつかの薬で治療を進めていきます。ただ、薬物療法を行う目的は、大腸粘膜の炎症を抑えるためなので、症状を軽減させるために行います。治療は潰瘍性大腸炎を完治するというものではありません。
薬によって潰瘍性大腸炎の症状が抑えられないような場合は、手術をして治療をすることがあります。

潰瘍性大腸炎の経過・予後

何度も再発を繰り返す場合は、手術が必要な場合も

潰瘍性大腸炎は、薬で治療をすることによって、多くの患者さんは症状の改善がみられることが多いです。また、症状がまったくでなくなる患者さんもいらっしゃいます。ただ、再発をすることも多く、再発された方は薬での治療を続けていく必要があります。薬の治療を続けても改善が見られず、何度も再発を繰り返す場合は、手術が必要な場合もあります。
潰瘍性大腸炎は、掛かってから7~8年経つと、ごく一部の方ですが、大腸がんを併発する方もいらっしゃいます。このような患者さんの場合は、定期的に内視鏡検査をして、腸の状態を調べる必要があります。

潰瘍性大腸炎は遺伝をするの?

潰瘍性大腸炎は、家族内での発病があるという例もあって、何かの遺伝子が関係しているのではないかとも考えられています。欧米の患者さんの場合は、およそ2割の方に炎症性腸疾患の近親者がいるという結果がでています。ただ、今の研究で遺伝に関しての明らかな回答が出ておらず、遺伝的な要素と環境要素が組み合わさって潰瘍性大腸炎に掛かるのではないかと言われています。

PR