おならが出ないと腸が鳴る?上手にガス抜きをしておならで悩まないポイント!
8,089views

おならが出ないと腸が鳴る?上手にガス抜きをしておならで悩まないポイント!

おならが出ないで腸の中でガスがたまってツライという経験がある方も少なくないでしょう。ガスがたまると腸内環境が悪くなりさらにガスが増える悪循環におちいってしまいます。上手にガス抜きをしておならで悩まないためのポイントを解説します。

おならが出ないと腸が鳴るのはなぜ?

腸の音で悩んでいるのは実は女性が多いと言われています。腸で音が鳴るのは、おならの音ではなく腸が動いている時の音です。
特に座っている時間が多い方ほど悩んでいる場合が多いので、立ったり座ったりや体を動かして腸が動きやすくするとガス抜きもしやすくなります。

おならが出ないと悪影響も

おならが出ないとげっぷで出る

おならが出るのは腸が健康な証ですが、出ないとなれば心配が出てきます。腸のガスはおならやげっぷ、吐く息などから体の外へ排出されますが、排出手段のおならができないとなると他の方法でガスを出さなくてはなりません。腸にガスがたまっていると、腸壁から吸収する時にも場所をとってしまうため消化機能や老廃物の排出機能に悪影響が出ることがあります。
また、おならとして出なかったガスが吐く息として出る時口臭がにおうことも。腸内環境が悪いほど口臭はきつくなりがちです。

上手なガス抜きの方法

おならを出したくても出ない時にはあらゆるガス抜き方法を試してみましょう。また、生活習慣の改善も合わせて行うとより効果的です。

おなかの張りを感じたらマッサージ

ガスのお腹の張りはマッサージで解消

お腹が張っている時はガスがたまっている証拠です。少しでもガス抜きをして楽になるため、お腹をてのひらでマッサージします。おへそを中心として腸があるあたりを「の」の字を書くように軽くおさえながらなでるだけです。やや硬いと感じる部分があればそこを念入りにほぐすとより効果的。
少し強めに押しても構いませんが痛みが出ない程度に行いましょう。腸から音がすれば動き出したサインです。おならが出せる準備をしておきましょう。

わき腹のストレッチ

同じ姿勢をとっている時間が長いほど、腸の動きをにぶらせるのでたまにはお腹周りのストレッチをしましょう。トイレに行ったついでやお腹が痛いと感じた時にわき腹を伸ばすストレッチを行ってみては?
ラジオ体操で出てくる、側屈の動きをゆっくり行います。弾みをつけたり急にたくさん曲げたりすると、筋を傷める原因になるため静かにのばしてください。

一人になれる場所でゆったりすごす

リラックスでお腹のガス抜き

リラックスもガス抜きするには欠かせないポイント。おならが出そうな時に我慢しなくてすむ環境でゆったりと過ごす時間をとります。
その場所であれば、腸をマッサージしていて腸が鳴りだしてもおならが出てもストレスにはなりません。おならが恥ずかしいと感じるストレスはさらに腸内のガスを増やすきっかけになるため悪循環です。また、おならを我慢することでおならが出ないクセがついてしまった場合もあるので、ガス抜きできる場所を持っていると安心です。

おなかをあたためる

お腹を温めてガス抜きを促進

腸が冷えていると腸のぜん動運動が弱まりおならがでないことも。体を冷やすと代謝がおちるといわれますが、それは腸についても同じです。腸をあたためて動かしましょう。
手早くあたためるには、湯たんぽやカイロがおすすめ。ガスが出なくてツライと感じている部分にのせてあたためます。または、熱くない温度のお湯をはった湯船で半身浴です。
体の中から腸を温めるには、生姜を使った飲み物を。生姜はちみつ湯はストレスを緩和する成分が含まれているので気持ちを落ち着かせる役にも立ちます。

PR