おならを我慢すると体に悪い!体への悪影響やおならで困らない体質になる方法
144views

おならを我慢すると体に悪い!体への悪影響やおならで困らない体質になる方法

おならを我慢することは多くの方がしていることでしょう。我慢は体に悪いとわかっていても、人前ではなかなかできないもの。ここではおならを我慢することが与える体への悪影響やおならで困らない体質になるための方法を解説します。

おならを我慢すると起こる症状

周りに人がいる場所や静かな場所にいる機会が多いと、なかなかおならはできず我慢してしまうもの。しかもおならのたびにトイレへ行くのも回数が多くなってツライと感じるのでは。
しかし、おならを出さずに我慢していると次のような症状が現れる場合があります。

腹痛をおこす

おならを我慢すると出る症状は腹痛

ガスが腸内にたまり、膨張して他の内臓を圧迫するので周りに影響を与えます。ガスがたまった場所によっては激痛を訴える場合もあるほどです。

便秘の悪化

便秘の原因のひとつに排便を我慢することがありますが、おならを我慢することも便秘の原因のひとつです。さらにおならも我慢することで腸内環境を悪くし、便秘を悪化させることに。

肝機能障害

おならとして出なかったガスは血液から吸収されて、肺などから外へ排出します。健康な状態でも腸壁からのガスの吸収は行われているので以上ではありませんが、ガスの量が多くなると消化機能の妨げになることも。
また、血液に戻された有害な硫化水素などの成分が肝臓に負担をかけるため、度を越すと肝機能障害が出てくる恐れもあります。

おならで悩みたくなければ、正常な腸内環境を

一日に何度もおならを我慢しなくてはならない機会に遭遇することは、正常な腸内環境であればそれほどありません。腸内環境が悪くなるほどおならが増え臭いもきつくなるため、よりおならを我慢しなくてはと思ってしまいます。その結果、さらに腸内環境の悪化を招いてしまうでしょう。

臭くないおならにするには?

臭くないおならにする方法

おならを我慢したくなる理由のひとつに臭いがあります。臭いがきついと周りに気付かれやすく恥ずかしいために我慢せざるをえない状況になっているのでは。おならの臭いを少なくするには食生活の改善をしましょう。
穀物と野菜を中心にしたメニューで、肉などのたんぱく質は一般的な成人なら70g程度とれればOKです。このバランスが逆転してしまうと腸内に悪玉菌が増えて臭いおならの元になるガスを発生させます。

おならの回数を減らしたい

おならを我慢せず回数を減らす方法

おならの回数が増えるのも、腸内にガスがたくさん発生しているからです。ガスが多くたまってしまう原因には食生活もかかわっていますが、ストレスも関係があります。

精神的なストレスが強すぎると体にとって負担になり、腸を刺激して悪玉菌がガスを発生させることに。そのため、日頃からストレスをためない生活を心がけましょう。知らないうちにストレスがたまっているという方も少なくないため、休日は仕事としっかり区別をつける、自分が没頭できる趣味をもつなどストレスの元から離れて解消できることを見つけてみては。

おならを増やしたくない時に気を付ける食べ物

おならを増やしたくないときに避けるもの

正常な腸内環境でも、食べたものによっておならが増える場合があります。例えば、会議が控えていたりデートの前だったりする時は避けておきたいものです。
それは繊維質の多い食品で、さつまいもやごぼうなど消化しにくい食物繊維が豊富な食べ物は腸内でガスを発生させる元になりやすく、おならが増える恐れが。

おならが全く出ないようにしたい

誰しもが思うことかもしれませんが、それはできません。逆におならが全くでなくなれば、腸などに何か疾患があると疑うことになります。腸が健康に働いているからこそおならが出るので、上手に付き合っていきましょう。

PR