おならが止まらないのはナゼ?たくさんおならが出てしまう原因と減らすための改善方法を解説!
528views

おならが止まらないのはナゼ?たくさんおならが出てしまう原因と減らすための改善方法を解説!

おならが止まらないのは普段の生活の中に問題が隠れている可能性があります。生活習慣を見直しておならが止まらない原因を知りおならを減らしていきましょう。ここではおならが増える原因と改善方法について解説します。

おならが止まらないのはガスがたくさんたまるから

おならは腸内のガスが外に出るために発生しますが、そのガスが多いとおならが止まらないことにもなります。ガスが多く発生してしまう原因は普段の生活の中にあるといえるでしょう。
ガスが腸内に発生・たまりやすい原因をあげますのでチェックしてみてください。

炭酸飲料をよく飲む

炭酸水の空気はおならかげっぷとして身体の外に出る

炭酸飲料には炭酸ガスが含まれています。飲んだ時げっぷでガスが抜けなかった分はおならとして出ることに。いつも炭酸飲料を飲んでいると炭酸ガスが腸にたまりやすくおならが増える原因になります。

食物繊維が豊富な食品が好き

野菜を積極的にとることは、腸内環境を整えるためにも欠かせませんが、食物繊維を多く含む野菜ばかりを食べているとおならがよくでることに。
食物繊維は消化しにくい栄養素なので分解に時間がかかるためガスが発生しやすくなります。

人工甘味料をよくとる

人工甘味料は少量なら多くの食品に使われており、それほど体に変化は起きないもの。しかし、「ゼロカロリー」や「シュガーレス」のタイプの食品には甘味をだすためにたくさん人工甘味料が使われています。
人工甘味料は食物繊維と同じく消化がしづらく、ガスを腸内に発生させておならがよく出る原因になってしまことがあります。しかしカロリーの低いものを選ぶか人工甘味料の少ない物を選ぶかは迷うところかもしれません。

ストレスがたまっていないかチェック

過度なストレスは腸の働きを悪くし、ガスが発生しやすくなるのでおならが止まらなくなる場合があります。また、おならだけでなく下痢・腹痛などの症状がともなうことも。
ストレスをためすぎないためには、少しずつ発散していくのがポイントです。例えば仕事が終わったら仕事のことは考えない、休日は自分のために思い切り時間を使うなど。携帯電話の電源を切っておくのもストレス緩和につながります。

おならを止める食事

おならを全くでなくさせるわけではなく、正常な数にするための食品です。毎日の食事の中に一品ずつプラスすれば少しずつ体質改善ができ、おならの悩みも軽くなっていくのでは。

穀物と野菜を中心に

ガスの発生を抑えるには食物繊維を摂りすぎない

穀物は消化する時にガスが発生しますが、臭いが少ないのが特徴です。野菜も青い葉のものをメインに使えば食物繊維のとりすぎにならず、おならが増える心配もないでしょう。たんぱく質は必要程度にとどめるとおならが少なくなります。

乳酸菌をふやす食品をとる

乳酸菌がヨーグルトに含まれていることはよく知られおり、他にはチーズ、キムチ、みそ、ぬか漬けなどがあります。また乳酸菌を増やす食品もあわせてとるとより腸内環境改善に役立ちます。乳酸菌の好物であるオリゴ糖をヨーグルトに混ぜて食べてみては。

悪玉菌を減らす食品をとる

お腹のガスを発生させないためには胃腸の善玉菌を増やす

悪玉菌を減らすには納豆が役に立ちます。納豆に含まれる納豆菌はとても強い菌なので、最後まで生きて腸の中で働き増えるパワーがあります。悪玉菌が増えると腸内の善玉菌が減ってしまうので、納豆菌は善玉菌を増やす働きの役に立っているといえるでしょう。
納豆も最近では非常にバリエーションが豊富で、朝食べてもにおわないタイプやねばねばしすぎないふわっとした粘りになるタイプなどさまざまにあります。そのまま食べるだけでなく、卵焼きにしたりみそ汁に入れたりしてもおいしいので納豆を食事にプラスするの始めやすいことでは?

PR