胃の異常を感じるのに検査しても原因が解らない機能性胃腸症とは?
50views

胃の異常を感じるのに検査しても原因が解らない機能性胃腸症とは?

機能性胃腸症とは胃の痛みや、吐き気、嘔吐感など胃の異常を感じて、検査を行ったのにも関わらず、原因を特定することができない病気のことです。運動不全型と潰瘍型、非特異型の三つのタイプがあります。日常生活では規則正しい生活や食生活をすることが予防につながります。

検査しても異常が現れない機能性胃腸症とは?

原因不明の胃の症状があります

原因不明の胃の症状があります

機能性胃腸症とは胃の検査を行ったのにも関わらず、何の病理的な変異も見つからない状態のことを言います。

胃が痛い、なんとなく胃がふくれたような感じがある、吐き気があるなどの症状があるのにも関わらず、検査をしても原因がわからない状態のことを機能性胃腸症と呼びます。

機能性胃腸症は4人に1人!

機能性胃腸症は4人に1人!

機能性胃腸症の症状を抱えている方は、なんと日本では4人に1人という確率です。実に多くの方が機能性胃腸症になっているのです。機能性胃腸症は三つのタイプに分かれています。一つ目は運動不全型で、二つ目は潰瘍型の機能性胃腸症、三つめはどちらにも当てはまらない非特異型です。

運動不全型の機能性胃腸症とは

運動不全型の機能性胃腸症とは

運動不全型の機能性胃腸症とは、嘔吐やおなかが張って苦しい感じ、吐き気、胃もたれなどの症状があります。日本では、運動不全型の機能性胃腸症がなんと6割もいます。

潰瘍型の機能性胃腸症とは

潰瘍型の機能性胃腸症とは

潰瘍型の機能性胃腸症とは胃潰瘍の時と同じような症状が出てきます。空腹になったときや、夜寝ているときなど、突然みぞおちの部分が激しく痛み始めます。

非特異型の機能性胃腸症とは?

非特異型の機能性胃腸症とは運動不全型にも潰瘍型にも当てはまることのない機能性胃腸症のことです。

機能性胃腸症の原因とは?

タイプ別で原因が変わります

既往性胃腸症の原因は、タイプ別で原因が特定できます。

運動不全型の場合だと、胃の運動機能が低下するため、胃の内容物を排出させるのに時間がかかるため、胃もたれなどの症状が出ます。

また潰瘍型は空腹時に痛みを感じやすくなるため、知覚神経の働きが過敏になっていることや、空腹時に胃酸が大量に出ることによって、胃の痛みが出てきます。また油ものを多く摂り過ぎたり、カロリーオーバーな食事が続くなどして、食生活やライフスタイルが乱れてくると、機能性胃腸症になりやすくなります。

非特定型の機能性胃腸症の場合、この他にも、ストレスなど精神的な問題により、胃の異常が出てきます。

運動不全型の治療方法とは

運動不全型の治療方法とは

運動不全型の治療は、胃の内容物がお腹に溜まってしまい、なかなか外に排出されないため、胃の運動がよく働くように運動機能改善薬が処方されます。これによって古い胃の内容物が外に排出されるため、胃のもたれや、膨張感、嘔吐感などの症状が次第になくなっていきます。

潰瘍型の治療方法とは

潰瘍型の治療は胃酸の分泌を抑えていく薬が処方されます。空腹時に過剰な胃酸の分泌を抑えてくれるので、胃の粘膜が荒れることもなく、痛みも抑えられます。

非特異型の治療方法とは?

非特異型の治療方法は、運動機能を改善する薬が処方される以外にも、抗不安薬など精神安定剤が処方されます。

抗不安薬は、ストレスによる不安感や緊張感を和らげてくれる薬です。服用すると、消化器のストレスを抑えてくれるはたらきがあります。運動機能改善薬と一緒に服用することによって胃の不快感を抑えてくれます。

現代病である機能性胃腸症を予防するには

規則正しい生活が予防につながります

機能性胃腸症はまさに現代病であると言っても過言はないのではないでしょうか。

機能性胃腸症を予防するには、第一に食生活や日常生活を見直ししなければいけません。残業が続いたり、睡眠不足状態が続いたりすると、胃腸の働きも悪くなってしまいます。また精神的なものもあるので、ストレスを感じたら、お酒や食べること以外で、発散できる趣味などを持ちましょう。ボーリングやカラオケなど身体を使うものの方がストレス発散効果があります。

PR