体質や性格、寿命にも関わる!!腸内フローラとは?
91views

体質や性格、寿命にも関わる!!腸内フローラとは?

腸内フローラとは細菌の集まりのことです。腸内フローラを整えることで、便秘改善はもちろん、代謝を上げたり病気を予防したりできます。腸は脳へも影響するため、うつや認知症にも効くと言われています。気になる腸内フローラについて、詳しくご説明します。

腸の中にお花畑?

腸内フローラとは腸の中にいる100兆個以上の細菌のことです

腸の中には100兆個以上の細菌が住み着いています。それらは、400種類以上あり、お花畑のように腸内に広がっていて、腸内フローラと呼ばれています。

腸内フローラがバランスを崩すと、便秘になったり病気になったりします。性格にまで影響することが分かっていて、現在でも世界中の医療機関で興味深く研究され続けています。

心身ともに影響する腸内フローラとは、どのようなものなのでしょうか。以下で詳しく見ていきましょう。

腸内フローラを知ろう

腸内フローラってなに?

腸内フローラとは、ひと言で表すと「腸内にある細菌の集まり」のことです。

理想的な腸内フローラは善玉菌が20パーセントで、悪玉菌が10パーセント、あとはどちらにも当てはまらない日和見菌が70パーセントいる状態です。この環境が崩れると、便秘はもちろん、健康を害したり、時には重病に罹って寿命を縮めたりします。

便移植という治療があります。

これは、潰瘍性大腸炎などに罹患している人へ、健康な人の便を移植するという治療法です。他人の便を自分に移植するとは、ちょっと驚きの治療法ですが、腸内環境が改善されるため、病気はもちろん、アレルギーや便秘、がんの予防にもなります。

また、最近の研究では、性格にまで影響することが分かっています。

腸内にいる細菌の中には、ストレスを抱えた時、適切に対応するよう作用するものがあります。腸内にそういったものがちゃんと存在していると、落ち着きを取り戻したりリラックスできたります。これは、腸内フローラが脳に対しても影響力を持っているためです。マウスで便移植の実験をしたところ、マウスの性格が変わった、社交性がついたという報告もあります。

腸内フローラを整える食べ物とは

腸内フローラのバランスを整えることは、心身ともに健康な状態で生きていくことにつながります。

腸内フローラを整えるには、主に3種類の食べ物が必要です。

まず一つ目は、ビフィズス菌などの生きた菌を含んでいる食べ物です。二つ目はオリゴ糖を含む食べ物です。そして三つ目は、食物繊維を含む食べ物です。

以下で、それぞれ詳しく見ていきましょう。

①生きた菌を摂ろう

生きた菌はヨーグルトに含まれています

まずは、ガセリ菌などの乳酸菌やビフィズス菌といった、生きた菌を摂取することです。

生きた菌を摂ることで、腸内に善玉菌が増えます。善玉菌が増えると、便秘はもちろん、下痢の予防になったり、血中のコレステロールを下げたりします。免疫力も高まるため、病原菌から感染するのを防いでくれます。

生きた菌はヨーグルトに含まれています。毎日食べるのが理想ですが、サプリなどで手軽に摂取しても良いでしょう。

②オリゴ糖が含まれる食べ物

オリゴ糖はごぼうや大豆、玉ねぎ、はちみつや味噌に含まれています

オリゴ糖は上記でご紹介したビフィズス菌を増やすエサになってくれます。

一方、悪玉菌のエサにはならないため、腸内で都合よく環境を整えてくれます。

オリゴ糖はごぼうや大豆、玉ねぎ、はちみつや味噌に含まれています。むろん、オリゴ糖というそのままの甘味料も売られています。カロリーが気になりますが、いつもの砂糖を取る代わりにオリゴ糖に変えてみてはいかがでしょうか。

③食物繊維が豊富な食べ物

食物繊維は消化も吸収もされないため、そのまま大腸まで届きます

食物繊維は消化も吸収もされないため、そのまま大腸まで届きます。

腸内をお掃除してくれるので、積極的に食べましょう。

食物繊維が豊富な食べ物は、キャベツやレタスなどの野菜や海藻類、こんにゃくや麦、果物などです。毎食、取り入れることが理想ですが、不足しがちな時にはスムージーや健康食品などで補っても良いでしょう。

PR