悪玉菌を減らせ!!腸の善玉菌を増やす方法
199views

悪玉菌を減らせ!!腸の善玉菌を増やす方法

腸内環境を改善してくれて、良好に保ってくれることで知られているのが、「善玉菌」です。健康になるのはもちろん。美容にも良い影響を与えてくれる善玉菌を増やしたい!腸の善玉菌を増やすにはどうしたらいいの?の疑問の声にお応えします。

腸の善玉菌を増やすためには?

腸内環境を整えるために、必要なのが善玉菌

腸内環境を整えるために、必要なのが善玉菌。その善玉菌を増やすためにはどうしたらいいのでしょうか?

腸の善玉菌を増やすには大きく分けて3つあります。

・善玉菌の餌となる食材を摂取すること
・乳酸菌を含む食材を摂取すること
・乳酸菌を摂取すること。

この3つです。要するに「食生活の改善」をしてくださいということです。

腸内の環境が悪い人は、食生活が乱れていることが多いです。なので、食生活の改善が手っ取り早いのですが、1,2回の食生活の改善で腸内環境は、そう簡単に変化してくれるわけはありません。食生活の改善をしっかり続けていなければ、腸内環境は良くなることはありません。

逆に続けなければ、腸内環境は悪い時に戻ってしまうのです。腸内環境が悪い状態というのが、「悪玉菌」の存在です。悪玉菌は有害物質を放出する厄介な菌です。
「毒性のアンモニア・アミン・硫化水素・発がん性物質」を増殖させてくれるのです。

悪玉菌は、腸から血液を通して全身に運ばれて体に悪影響を与えます。その悪影響とは・・・

「免疫力の低下・便秘・口臭や体臭が臭くなる・太りやすくなる」です。

良いこと1つもありません。なので、悪玉菌の悪さを押さえるために「善玉菌」を増やしてほしいのです。

善玉菌を増やすことで、メリットはあるの?

善玉菌を増やすことのメリット

悪玉菌は良いことを1つもしてくれない菌ですが、善玉菌はどんな良いことがあるのでしょうか?

「便秘の解消・アレルギー症状の緩和・免疫力の強化・ダイエット効果・生活習慣病の予防」です。

歳をとるにつれ、悪玉菌が増えてきて、お通じに影響を与えることが明らかになっています。便秘に悩んでいる年輩の方の腸の中には約5パーセントの善玉菌しかいなかったそうです。善玉菌が多いと死亡率がグンと下がるということもわかってきているので、しっかり増やしていきたいですね。

腸で体の免疫は作られているので、口から入った細菌やウイルスも腸に流れ着きます。その悪い細菌やウイルスも腸が受け止める役目を持っています。体の中で最も強い場所でいなくてはいけません。悪玉菌だけですと、悪い細菌やウイルスも体内に血液を通して送ってしまうのです。そうさせないために善玉菌はいるんですね。

善玉菌を増やすやめに、栄養源となる食品を食べよう!

善玉菌を増やすやめに、栄養源となる食品を食べよう

Chopped Salad with Blackberry Vinaigrette / VegaTeam https://www.flickr.com/photos/vegateam/5497804874/

腸にはもともと善玉菌が存在しています。その善玉菌を増やすためには、善玉菌の栄養となる食品を摂取することが大切です。その栄養源となるのが「食物繊維とオリゴ糖」です。

食物繊維は毎日の食事に積極的に取り入れてもらいたいです。
穀物・イモ類・豆類・海藻類・茸類のほかに、こんにゃくやゴボウ・人参などに含まれています。腸を刺激して蠕動運動を活発にして便通が改善!ということです。

もうひとつのオリゴ糖は、胃や腸で消化されずに腸までしっかり届き、善玉菌の栄養源になってくれます。
オリゴ糖を含む食品は、玉ねぎ・ゴボウ・アスパラガス・トウモロコシ・ネギ・豆類・バナナ・牛乳・はちみつです。

思っているよりも食物繊維とオリゴ糖を含む食品が多いので、いろんなレパートリーで食事を楽しみながら、善玉菌を増やすことができるのです。また、外から善玉菌を増やすことも効果的です。

ヨーグルト・チーズ・発酵食品の漬物・キムチ・味噌・納豆などは、「乳酸菌やビフィズス菌」といった善玉菌が多く含まれています。乳酸菌飲料などは、おやつ間隔で手軽に取り入れることができます。継続してください。そうすることにより、効果が出てきます。

サプリメントで摂取することもできるので、ご自分に合ったやり方で善玉菌を増やしていきましょう!

PR