便秘?軟便? 原因は腸のむくみにある可能性も!?
236views

便秘?軟便? 原因は腸のむくみにある可能性も!?

ダイエットも失敗ばかり、なかなか痩せないその原因は腸のむくみの可能性もあります。腸は体内の栄養素を吸収する大切な機関ですが、その腸が慢性的にむくんでしまって適度に水分を吸収できない状況にある場合血行も悪くなり全体的に不調な日々が続くんです!

腸のむくみって?

腸も浮腫みます

どういう症状?

腸のむくみが発生している人の症状には、顔や手足がむくみやすい、常にお腹(腸)が張った感じがする、お腹が固い、ダイエットが成功しない、毎日便は出てるけどどうも残便感が取れない、下剤を常に使用している、3日以上便が出ない日が月に何度かある、口の周りにニキビが出来やすい

むくみ腸になってしまう原因は?

下剤の常用

便秘の人に多い習慣ですが、下剤を常用してませんか? 下剤を常用することによって腸が炎症を起してしまいむくみ腸になっている可能性があります。

冷たいものの取りすぎ

内臓も冷やしすぎると浮腫みます

猛暑が連日続いている中、どうしても冷たい物を摂取する機会が増えてしまいますが・・・実は体の表面は暑くても体内が冷えている人もいるんです。人間汗をかくだけで体は冷えるように出来ています。クーラーの効いた室内で冷たいものを多く摂取することが多い人は要注意です。

食べすぎ!?

最近色々なところでブッフェスタイルのお店が増えていますが、体(腸)にとっては一度に沢山のものを食べるのはあまりよくないことなんです。ダイエット方法にも少しづつ回数を増やすという方法がありますが、あれは腸に負担をかけない理にかなった方法なんです。

どうすればいいの?

体を冷さない

夏でも手脚が冷える人は要注意です。内臓が冷え切っている可能性があり、腸だけではなく他の機関・・特に子宮周りの冷えは赤ちゃんを産む為には冷えてはいけない場所です。

下剤を止める

下剤に頼って通弁をしている人は、下剤を止めましょう。いきなり止めるのは難しいという場合は、漢方薬に切り替え、食物繊維を多く含む食品を摂取するよう心がけましょう。

腹筋を鍛えましょう

腸を動かす

腸が動いていない可能性もあります。腹筋周りの筋力使ってますか?一日10回腹筋をしましょう。2週間続けるだけで、便秘も解消、ウェスト周りもすっきりとうれしい効果が期待できます。

朝食を食べる

最近増えてきているのが、この朝食を食べないことによって、昼、夜の量が増えてしまい腸の動きが不活発になってしまう→便秘になる→下剤を飲む というマイナススパイラルです。朝カップスープ1杯、お味噌汁1杯を飲むだけでお腹(腸)にはとってもやさしいのです。

お風呂にはいりましょう

この季節シャワーだけで済ませ人も多いと思いますが、一日の終わりにゆっくりと湯船につかることで、自律神経を整え、血行をよくし、体全体によい効果が期待できます。

腸を健康にする為にはコレ!

ヨーグルト

腸を健康にするヨーグルト

ヨーグルト+オリゴ糖+プルーンこのゴールデンコンビは下剤いらずです。特にヨーグルトを電子レンジで40秒温める「ホットヨーグルト」はお腹も冷さずまさにいいことづくめです。ぜひ腸内を善玉菌でいっぱいにしましょう。

昆布

腸を健康にする昆布

日本の食材として欠かせない昆布、実は食物繊維たっぷりでカロリーが低いダイエット向けの優良食品なんです。湯豆腐、煮物などに大目に昆布を使うことでうまみ成分たっぷりで食物繊維を沢山摂取することができ、一石二鳥の食材です。

さつまいも

腸を健康にするサツマイモ

秋になってくるとサツマイモが美味しい季節になってきます。女性が焼き芋が好きというのは、実はお腹(腸)のことを考えた自己防衛方法なのかもしれません。サツマイモ、山芋、サトイモなど、腸内環境を正常に保つ為にはうれしい食品です。

PR