下痢血便が出た!もしかしたら怖い病気かも!?潰瘍性大腸炎の可能性も!
303views

下痢血便が出た!もしかしたら怖い病気かも!?潰瘍性大腸炎の可能性も!

下痢血便が出たときって、なんだか焦ってしまいませんか!?重大な病気かも?と思ってしまいますよね。しかし、血便が出るというのは、様々な原因があります。考えられる病気の種類や、予防法など幅広い視点から解説していきます。最近、下痢血便で悩まされている、お腹の調子が悪いという人は必見です。

下痢血便が出た!一体どんな病気なの・・・!?

血便が出るのは、様々な原因がある!

下痢血便が出たら

血便が出ると心配になりますよね。血便が出ると、真っ先に腸の調子がおかしいのか!?と考えてしまいがちですが、実は腸が原因なだけではありません。代表的な例で言うと痔でも血便になりますよね。この痔というものは、肛門の異常です。しかし、本当に腸の異常が原因で血便が出ることもあるので、油断は出来ません。

一番怖いのが、大腸がんですね。大腸がんの場合は、血便の量が便をする度に変わるので、ついつい痔だろうと安易に考えてしまいがちです。大腸がんは、進行すると死に至る病気なので、血便が出て、排便後もお腹に違和感が残るような症状があるようでしたら、病院を受診し、大腸内視鏡検査を受けるようにして下さい。

今は、医療の進歩により、大腸内視鏡検査も比較的簡単に行うことが出来ます。診断結果が、痔の場合でも、どちらにしろ治療の必要があるので、とにかく心配になったら病院受診をするように心掛けましょう。

下痢状の血便なら、潰瘍性大腸炎も考えられる!?

潰瘍性大腸炎かもしれない

潰瘍性大腸炎という病気を聞いたことがありますか!?比較的若い世代に多い病気で下痢の血便が続きます。難病指定なっている病気で、原因は、まだ詳しく解明されていないのですが、ストレスが重なったり、精神的なことが原因でも発症してしまうようです。強い腹痛などの症状があまり出ないことから、傷みなどの症状はあまりない病気とも言われています。下痢気味の血便が続いてしまい、心配になったら、病院を受診するようにしましょう。

腸は、ストレスの影響を受けやすい臓器!?

ストレスが原因で胃に穴が開いてしまったり、ストレスは、胃腸、大腸に悪影響を及ぼします。ストレス社会の現代の中で、ノンストレスで生活するのは困難ですが、自分なりのストレス発散方法を見つけましょう。

ストレス発散といっても、暴飲暴食をしたり、過度な喫煙、過度な飲酒は、NGです。それらを続けていると逆効果で身体に負荷をかけてしまう原因となり、生活習慣病の原因にもなります。では、ここでオススメのストレス発散法をご紹介していきます。

ストレスを溜めない工夫

まず1つ目は、半身浴です。半身浴は、デトックス効果があり、一日の身体の疲れがリフレッシュ出来るので最高ですよ。自分の好きな入浴剤を使用して、香りを楽しみながらバスタイムを満喫しましょう。美肌効果も期待出来ますし、新陳代謝もアップするので脂肪も燃焼しやすい身体になり、まさに一石三鳥ぐらいの効果が得られますよ。

運動不足を補う工夫

次にオススメなのが、ジョギングです。普段運動不足の方も多いと思いますが、運動不足だと身体の免疫力が低下し、風邪をひきやすくなってしまったり体調を崩す直接の原因となります。いきなりジョギングから始めると身体に負荷がかかってしまったので、ウォーキングから始めてみましょう。仕事が忙しくてなかなか時間が取れない方は、会社帰りに一駅まで降りて家まで歩くなどちょっとした工夫をするようにしましょう。運動後は、食欲も増しますし、何よりもさっぱりして気持ちが良いですよ。運動後に半身浴をするのがベストですね!半身浴後、運動後は、もちろん水分補給を欠かさないようにして下さいね。

PR