蓄膿症で頭痛?!風邪薬が効かない時は蓄膿症を疑ってみよう
402views

蓄膿症で頭痛?!風邪薬が効かない時は蓄膿症を疑ってみよう

蓄膿症で頭痛がするなんてことあるの?って思うかもしれませんが、鼻づまりが頭痛を引き起こすことがあります。蓄膿症の頭痛では風邪薬は効きません。悪化すると手術が必要になることもあるので、早めの対処が望まれます。

風邪じゃなくて蓄膿症かも

「鼻が出る、頭も痛い。あっ、風邪ひいたかな?」

こんな症状が出たら、みなさん風邪だって思いますよね。でも、風邪薬を飲んでも効かなかったら、おかしいなと異変に気付く人もいるのではないでしょうか?

鼻水が出て頭痛もあるのに風邪じゃないことがあります。それは蓄膿症です。
「えっ、頭痛もあるのに蓄膿症?」って思うかもしれませんが、蓄膿症で頭痛になることがあります。

どうしてでしょうか。以下で詳しくご紹介していきましょう。

蓄膿症と頭痛の関係

蓄膿症ってどんな症状?

蓄膿症とは、両鼻のサイドにある頬や目と目の間の眉間、おでこや鼻の奥のほうに膿が溜まる病気のことを指します。この辺りは、何もなければ通常空っぽですが、カビや虫歯菌、ウイルスなどが感染して膿が溜まってしまうと蓄膿症を引き起こします。蓄膿症は、鼻の奥の腔を指して副鼻腔炎とも言います。

副鼻腔炎には急性と慢性があります。急性は蓄膿症の一歩手前の状態ですが、慢性は、再発を繰り返す、重症の状態を指します。
慢性副鼻腔炎になると、治療が大変になり、ひどいと手術なんてこともあります。そのため、できれば急性のうちに手だてを打った方が負担も軽くて済みます。

蓄膿症で頭痛がするのはなぜ?

蓄膿症でひどい頭痛の症状

鼻づまりで、なぜ頭痛がするのでしょうか?
それは、頬骨のすぐ下あたりにある副鼻腔に膿が溜まると、だんだん熱を持ち始めて、次第におでこの方へ広がっていってしまうからです。頬骨の下あたりに熱っぽさを感じるようになったら触ってみると分かるでしょう。おそらく鈍痛がします。その痛みを感じるところに膿があるのですが、それが排出されないで溜まっていくと頭重感を覚え、ヒドイ頭痛へと発展します。

頭痛は、膿が無くなるまで治まることはありませんので、早々に治療した方がいいことが分かると思います。
蓄膿症による頭痛には、以下のような特徴があります。

①頬骨や眉間付近、目の奥の方が痛い
②頭痛がしてくると鼻水も出る。または鼻づまりが起きる
③下を向くと余計に頭痛がする

こんな風な頭痛を感じたら、蓄膿症を疑った方が良いでしょう。

鼻水や鼻づまり、頭痛だけでは、やはり風邪か蓄膿症か分からないという時には、他に症状が出ていないか様子を見てみてください。鼻づまりや頭痛以外の蓄膿症の特徴としては、青い鼻水や頭重感、口呼吸やいびき、鼻血や発熱などがあります。嗅覚も鈍くなるので、食べていても味がぼやけてるように感じたり、全然味がしないと思うこともあります。

自分の状態を総合的にみて、もし、こういった特徴に当てはまるようでしたら蓄膿症の可能性が高いと思っていて良いでしょう。また、悪化するとオオゴトになるので、早めに耳鼻科へ行って診察を受けることが望まれます。

蓄膿症の治し方

蓄膿症は投薬治療

蓄膿症の治療としては、軽度の場合は薬物療法が一般的です。急性副鼻腔炎の場合には、痰や膿を分解して排出を促進する去痰剤や消炎酵素剤、抗菌薬が広く使われています。
重度の場合には、鼻に内視鏡を入れて、モニターを見ながら病変を切除する内視鏡手術や歯肉内を切開して上顎洞の病的粘膜を取り除く外科的手術が施されます。

内視鏡手術は短期入院や日帰りでも出来て、それほど大がかりなものではありませんが、まれに後遺症で発熱したり再発したりすることがあり、術後の治療と1年以上の経過観察が必要です。
精神的負荷はもちろん、経済的にも負担が大きくなりますので、出来るだけ軽度のうちに完治させることが賢明です。

PR