アイスクリーム頭痛にならない食べ方を覚えて、おいしくアイスクリームやかき氷を食べよう。
138views

アイスクリーム頭痛にならない食べ方を覚えて、おいしくアイスクリームやかき氷を食べよう。

冷たいアイスクリームやかき氷はおいしいけれど、おいしさの次にやってくる、キーンとして頭を抱えたくなるような頭痛はつらいものですよね。アイスクリーム頭痛にならないで、おいしくアイスクリームやかき氷を食べるためには、どうすればいいのでしょうか。

アイスクリーム頭痛になる原因は二つある!

アイスクリームやかき氷がおいしい季節
暑い夏には、アイスクリームやかき氷が欲しくなるものですね。

暑い時期に、アイスクリームやかき氷を食べると、おいしさの後にやってくる、頭を抱えたくなるような頭痛は、おさまるまでのしばらくの間、結構つらいものですよね。このような、冷たいものを食べた後にやってくる頭痛は、アイスクリーム頭痛と呼ばれますが、これは医学的に認められている名称です。

アイスクリーム頭痛を引き起こす原因については、現在のところ二つの説があります。
一つめの説は、冷たいものを飲み込む際に、喉元が急激に冷やされたことに反射をして、体を温めるために頭の血管を太くして血流を多くしようとすることにより、一時的に起きる炎症で頭痛が起きるというもの。
そして二つめの説は、関連痛というもので、冷たさの度合いが強いことにより、三叉神経が冷たさを痛みと勘違いをして脳に伝達することによって、頭痛が起きるというものです。

どちらにしても共通しているのは、暑いときに冷たいものを食べることによって引き起こされるということです。しかし、アイスクリーム頭痛は、発症から30秒から60秒で痛みのピークを迎え、長い間続いたとしても5分以内には痛みが治まることがほとんどであるため、研究がそれほど進んでいないというのも事実です。

こんな風にすれば、アイスクリーム頭痛にならない!

アイスクリーム頭痛にならない食べ方はゆっくり少しずつ

アイスクリーム頭痛にならない食べ方を覚えて、アイスクリームやかき氷をおいしく食べよう。

アイスクリーム頭痛を経験したことがあっても、暑いに日は冷たくておいしいものが食べたくなるもの。アイスクリーム頭痛にならない食べ方ってあるのでしょうか。アイスクリーム頭痛は、喉元が急激に冷やされることが原因なのですから、ゆっくりと少しずつ食べて、口の中で冷たさが少し軽減されてから飲み込むようにすればいいのです。

また、アイスクリームやかき氷と一緒に暖かいものを飲むことで、喉元が一気に冷やされることを防ぐという方法もあります。異なる角度からのアプローチでは、喉元の冷えを感じないように、額を冷やすという手もあります。例えば、冷たいペットボトルなどを額に当てながら食べると、額と喉元の温度差が縮まり、冷たさを感じる度合いが小さくなることから、関連痛が起きるほどの冷たさを感じなくさせるという方法です。

どれも手軽にできる方法ですから、アイスクリーム頭痛になったことのある人は、是非試してみて。

アイスクリーム頭痛になりやすい人ってどんな人?

アイスクリーム頭痛は中学生の男子がなりやすい!?

短い時間でも、頭にキーンと痛みが走るのは辛いものです。

同じ場所で、同じようにアイスクリームやかき氷を食べるという、同じ条件であっても、アイスクリーム頭痛を引き起こす人と引き起こさない人がいるのも事実。では、どんな人がアイスクリーム頭痛を引き起こしやすいのでしょうか。
これまでの研究では、片頭痛を持っている人の方が、アイスクリーム頭痛を引き起こしやすいというデータがあります。片頭痛を持たない人の約3割がアイスクリーム頭痛を引き起こすのに対し、片頭痛を持っている人では7割の人が引き起こすとも言われています。また、大人より子どものほうがアイスクリーム頭痛になりやすく、中学生の男子に多いという説もあります。

アイスクリーム頭痛になりやすい傾向がある人は、アイスクリームやかき氷を食べるときには気を付けるようにしたいものですね。

PR