偏頭痛と吐き気はセットでやってくるのは一体何故?症状が酷い場合には頭痛外来を受診しましょう。
154views

偏頭痛と吐き気はセットでやってくるのは一体何故?症状が酷い場合には頭痛外来を受診しましょう。

偏頭痛と吐き気が同時に起こるのには理由がありました。それは脳内のセロトニンが原因物質となっていること、また痛みを感じる神経と吐き気を感じる神経が近い位置にあるため、同時に症状が出るのです。前触れのある偏頭痛もあるので、前触れを感じたら頭痛薬を飲むことで、あらかじめ症状を押さえることができます。

偏頭痛と吐き気がセットでやってくる理由とは?

偏頭痛と吐き気がセットでやってくる理由とは?

偏頭痛と吐き気を同時に現れる人も多くいらっしゃることでしょう。中には頭痛の痛みよりも、吐き気の方が気持ち悪くて耐えられないという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。吐き気の症状については、個人差があります。頭痛はするけれど、吐き気の症状はほとんどないという方から、5分おきに嘔吐を1時間以上繰り返す方まで、さまざまです。

偏頭痛になると何故吐き気が出てくるの?

偏頭痛になると頭痛の症状の他に、強烈な吐き気に襲われることがあります。何故頭痛がすると吐き気まで出てくるのか。その理由は、頭痛を感じる神経と吐き気を催す神経が脳の中の近い位置にあるため、頭痛と吐き気がセットになって襲ってくるのです。偏頭痛は脳の中にあるセロトニンという物質が引き金となっているのですが、そのセロトニンが分泌されることによって嘔吐の症状も出てくるようです。

脳神経科を受診してMRI検査を受けてみましょう

偏頭痛持ちで、頻繁に頭痛と吐き気の症状が訪れるという方は、もしかすると片頭痛ではなく他の病気が要因している場合も考えられます。脳内出血を起こしている可能性や、目の病気などが関係して頭痛と吐き気がある場合も考えられます。たとえば慢性硬膜下出血、高血圧、緑内障、くも膜下出血なども考えられます。

偏頭痛の前触れを見逃さないで!

偏頭痛には前触れがあります。この前触れの症状が出てきたら、すぐに頭痛薬を飲んでおけば、後から来る偏頭痛の症状を和らげることができます。

目の前がチカチカ光る!

急に目の前がチカチカ光り始めたら要注意です。また視界がだんだんぼやけてきます。

手足がしびれてくる。

急に手や足の感覚がなくなり、だんだん痺れて麻痺してきます。人によっては、言葉が急に出てこなくなったり、何を話そうとしていたのか自分でもわからなくなることもあります。

前触れがあった後、頭痛が襲います。

前触れがしてから、15分から30分後に偏頭痛の症状が出てきます。あらかじめ頭痛薬を備えておくとよいでしょう。偏頭痛は身体を動かすと頭痛が酷くなるので、前触れを感じたら、安静にしておくのが一番です。外出先であれば、どこか座れる場所を探し、座るのが一番です。頭痛が酷くなったら、マッサージをしたり、横になって寝ると痛みが和らぎます。自宅にいれば、安静にして眠ると痛みを和らげることができます。仕事中であれば、頭を冷やす冷却シートをおでこに貼るとよいでしょう。

前触れがなにも起こらない偏頭痛もあります

偏頭痛の前触れは、すべての方に起こるというわけではありません。中には前触れなど何もなく突然起こるというものもあります。

慢性的に起こる方は、頭痛外来を!

慢性的なら頭痛外来を!

偏頭痛は女性によく起こる症状です。年に数回症状が出るという人もいれば、頻繁に症状が出ると言う方もいます。症状が何度も訪れると、仕事や家事などにも影響が出てくるので、大学病院や総合病院の専門外来を受診してみましょう。専門外来では偏頭痛の痛みの原因やどうした時に起こるのか、また症状に合った薬などを処方してくれるので、頭痛が来る前に処方薬を服用することで、乗り越えることが出来ます。

PR