左後頭部が痛い原因7つとは?病気よりも普段の姿勢のクセが原因であることが多い?!
365views

左後頭部が痛い原因7つとは?病気よりも普段の姿勢のクセが原因であることが多い?!

左後頭部が痛い原因には生活習慣や行動、姿勢のクセなどが原因でおこるものや病気が原因である場合があります。ただし、ほとんどの頭痛は普段の姿勢や生活習慣などが原因で引き起こされるものだと言われています。頭痛を緩和するため、また予防するためにも気をつけたいポイントを紹介します。

左後頭部が痛い原因7つ

左後頭部が痛くなる原因には7つの要因があります。
多くは生活習慣やクセのために痛みを感じることが多いようですが、中には病気が隠れている場合があるので注意が必要です。
とくにストレスが多い人は頭痛の原因を見誤りやすいようです。なんでもかんでも、ストレスのせいと思わず、頭痛外来で一度相談してみましょう。
今回は左後頭部の痛みの原因になるもの7つをまとめて紹介します。

【1】長時間のデスクワーク

近年、椅子に座ることで様々な健康被害があることがわかっています。
仕事で一日中座ることが多いデスクワークの人は血行が悪くなりがちです。適度に休憩をしてお手洗いに立つ、ストレッチを行う、階段や通勤で足を動かすなどを意識しましょう。
また、椅子の座り方を変えたり、時には姿勢を正すことも頭痛防止に有効です。

【2】スマホなどの長時間使用

PC、スマホ、テレビなどの長時間使用はやめましょう

スマホやパソコン、テレビの画面を長時間見る人は目が疲れていることで左後頭部が痛くなることが多いようです。仕事以外にこれらの画面を見ることが多い人はとくに注意が必要です。
休日や仕事以外は目を休ませるため、思いきって画面を見ない時間を作ることで翌日の頭痛や眼精疲労を和らげることができます。

目を温めて疲れを癒す!

頭痛の原因の多くは眼精疲労であると言われています。とは言え、目を使わずに仕事をすることができる人は少ないでしょう。大切なのは目をしっかりと休ませることです。
簡単な方法として夜寝る前に電子レンジなどで蒸しタオルを作り寝る時に目に温めてあげることです。蒸しタオルで温めることで目の周りの血行が良くなり、疲れが取れます。

【3】ストレス

ストレスが左後頭部痛をおこさせることもある

ストレスは多くの病気の源になりますが、左後頭部の痛みを発生させることもあります。
今後の不安や対人関係、仕事などストレス種類は多様です。しかし、個人でできることには限りがあります。
「自分一人でなんともならないことにストレスを感じても仕方ない」と割り切ることも大切です。

【4】緊張型頭痛

左後頭部が痛いのは緊張型頭痛という頭痛の種類かもしれません。
この緊張型の緊張は精神的な緊張ではなく筋肉の緊張のことです。肩、首の筋肉が緊張すると血行不良や神経圧迫が起こり、そのために頭痛がするのです。
この頭痛を取り除くには肩や首などを温め、やさしくマッサージすることです。
同じ姿勢でいるために痛みが生じるといわれているので、意識して肩や首を回すことを心がけましょう。

【5】後頭神経痛

後頭神経痛もよく見られる頭痛です。この後頭神経痛も姿勢の悪さとそれによる血行不良、神経圧迫が原因です。
お風呂にはいって体が温まった状態で首や肩を中心にストレッチをしたり、マッサージをすることで緩和できます。また、神経を正常にするためにアーモンドオイルでのマッサージも効果的です。
とくに首が細いタイプの人は首にある多くの神経が圧迫されやすい状態にあるので予防の意味でもマッサージすると良いでしょう。

同じ姿勢を続けることが頭痛の原因に!

同じ姿勢で長時間いることは体に悪い

頭痛を引き起こす原因は普段の姿勢に問題があるかも知れません。
人は知らず知らずのうちに姿勢にもクセがあります。どのようなクセがあっても良いものですが、いつも同じ姿勢でいることはいけません。座っているときには背もたれを使ったり、前傾になったりと少しずつ動くことが大切です。
また、立っているときにも少し重心を前や後ろに移動させるなどするだけでインナーマッスルが刺激され血行改善に役立ちます。

【6】高血圧

左後頭部が痛いと感じる場合、血圧が高くなっていることがあります。大抵は強い緊張や怒りがあると高血圧になり、そのようなときに左後頭部が痛くなることがあるようです。
高血圧による左後頭部が痛みは脳の血管や心臓にもよくないものです。普段から気持ちを平静でいられるように精神力を養うことも必要です。
簡単で効果のある方法はお尻の穴を締めることです。
普段から暇があればお尻の穴を締め、緊張や不安、怒りなど気持ちが大きく動きそうなときには、お尻の穴に力を入れて数秒耐えてみてください。冷静な判断の助けになります。

高血圧より怖い、血圧の変動

血圧の変動も健康上要注意です

以前は血圧が高いことは健康上よくないことと言われていましたが、最近になって高血圧のほうが健康的に過ごせる場合があることもわかってきました。

もっともよくないのは血圧が乱高下することです。

男性はとくに感情的になったときに血圧が変動しやすいと言われています。日頃から落ち着きをもって行動し、いざというときにも過剰に反応しないように努めましょう。

【7】くも膜下出血

左後頭部が痛いというときにはくも膜下出血を起こしている場合があります。頭痛の他、目や体の動き、口調などに違和感があったらすぐに病院へいきましょう。
くも膜下出血は急に症状がでることもありますが、じわじわと出る場合や起き抜けに出る場合など本人や周囲が気がつかない場合もあります。
とくに本人はただの頭痛と思うことが多いので注意が必要です。

PR