【薬に頼らない頭痛解消法】ポイントは血流改善と栄養のある食べ物をしっかり食べること!
2,149views

【薬に頼らない頭痛解消法】ポイントは血流改善と栄養のある食べ物をしっかり食べること!

薬に頼らない頭痛解消法として血流の改善方法と頭痛を予防する食べ物を紹介します。頭痛の原因となるのは大きく2つあります。それは血行不良と栄養不良です。どちらが悪くても頭痛を引き起こします。痛むときには、この2つを意識して対処しましょう。

薬に頼らない頭痛解消法

頭が痛くなると、「すぐに頭痛薬を飲んでしまう」という人もいますが、頭痛は基本的には薬に頼らないで治すことが大切です。
その理由は、体の痛みに何かしらの異常があるため起こるものだからです。その原因を対処せずに「鎮痛剤を飲んで症状がなくなったら良い、」というまま放っておいても頭痛を繰り返したり、そのせいで他の体調不良が引き起こされることにもなりかねません。

頭痛薬は最善の対処法?

頭痛を薬以外で

頭痛は頭痛薬で治すという人も多いでしょう。確かに、痛みを早めにとるものとして活用することも大切です。しかし、頭痛薬をいつも服用していると、その頭痛薬によって頭痛が起こることがあります。頭痛の原因となっている生活習慣から改善していきましょう。

頭痛の原因は?

繰り返す頭痛には頭痛の根本的な原因を見つけて対処していくことが大切です。
頭痛の原因は病気によるものでないかぎり、大きく2つの原因だと言われています。1つは血行不良、もう1つはビタミンやミネラルの不足です。
今回はこれらの対処する方法を紹介します。

血行を良くして頭痛を解消!

頭痛には血流が大きく影響します。血行が悪くなると頭痛だけでなく、肩こりや腰痛などの原因にもなります。血行不良であることは、それだけで頭痛になるリスクが高いのです。血行を改善する方法3つを紹介します。

【1】冷やす、もしくは温める

血流は冷やしたり、温めることで改善することが多いと言われています。
一般的に冷やして良くなるのはうっ血や炎症があるとき、温めて治るのは神経からくるものと言われています。どちらからくる場合なのかわからないときは「気持ちいい」と感じる方で対処します。
温める場合には30分程度温め続けるようにします。一方、冷やす場合には長時間冷やしすぎないようにします。10分程度冷やしたら、30分程度様子をみて再度冷やすようにします。
冷やすことで血管を収縮させたあと、血流がよくなると頭痛が緩和することがありますが、冷やしすぎは、さらなる血行不良の要因になるので注意しましょう。

【2】水、もしくは白湯を飲む

薬以外で頭痛を解消するには水を飲む

血流を改善する方法としてグリーンスムージーなどが有名ですが、実は血流は水や白湯を飲むだけでも、かなり改善することがわかっています。
頭痛が辛いときには水分を補給して体液を増やすだけでも痛みが改善します。ただし、カフェイン、アルコール、糖分の入った水分は飲んだ直後は血行がよくなった気がしても、数時間後には血行不良の原因になります。頭痛にならないためには、これらの飲料は控えましょう。

おいしいお水を飲むようにしよう

最近では軟水や硬水などの選択肢も増えて、水を選んで購入する人も増えました。それぞれに特徴はあり、できるだけ良いと言われるものを選びがちですが、水選びの基本は自分の味覚です。1つの種類に決めずに、そのときに美味しいと感じるものを摂取することが大切です。

【3】運動する

運動は毎日行う頭痛の予防策です。
とくに全身の血行をよくすることは頭痛だけでなく、首、肩、腰などの血行を良くして痛みを止めたり、痛みが生じにくい体になります。
また、適度な運動は血管が硬くなるのを防いでくれるため神経からくる痛みを予防する効果も期待できます。

栄養状態を良くして頭痛を改善!

血行を良くしても流れる血液自体の質が悪ければ、やはり頭痛の原因になります。
そのため、栄養価の高いものを選んで食べることで血液そのものを良くすることを心がけましょう。精製された炭水化物、砂糖、質の悪い油は少し食べる程度なら問題ありませんが、食事の中に占める割合は2割程度に抑えましょう。

【1】野菜をよく食べる

薬以外で頭痛を解消するには野菜を良く食べる

頭痛の原因は栄養不良でも起こります。とくに野菜不足によるビタミンの不足によって体の各部が正常に働かなくなると体の様々な部分に痛みが生じたり、炎症を起こしやすくなります。
サラダ、おひたし、煮物など、どのような形でもいいので、多くの野菜を食べるようにしましょう。

【2】天日干しされたものを食べる

薬以外で頭痛を解消するには干物のような干されたものを食べる

ビタミンと同様にミネラルの不足も頭痛の原因になります。ミネラルを豊富に含んだ天日干しされたものを多く食べましょう。
これらの食品はミネラルが豊富なだけでなく、鉄分やタンパク質も豊富です。例えば、干物、梅干し、ドライ納豆、ドライフルーツなどおかずからおやつまで干した食品は意外と多くあります。
保存もきく食べ物が多いところも干した食品の魅力です。

【3】夕食を控えめにする

体に良いものをたくさん食べることは大切ですが、その時間帯が寝る前だと胃腸に負担がかかり、睡眠の質を低下させるおそれがあります。
夕食はできるだけ軽めにするか、早い時間帯に済ませるようにします。とくに、テレビやPC画面を夜に見ると神経の高ぶりからくる疲労で偽の空腹が生じやすくなります。
食事の時間だけでなく、その後の生活習慣も合わせて改善しましょう。

腸内環境をよくすると頭痛がなくなる?!

薬以外で頭痛を解消するには腸内環境を整える

頭痛の原因の1つに便秘や下痢など腸のトラブルが関係していることがあります。
便秘や下痢による血流の悪化や血液が汚れることで結果的に頭痛を引き起こしてしまうのです。そのため、野菜をたくさん食べて腸内環境を改善することが頭痛を防ぐことにつながるのです。

PR