セックス中の頭痛を初めて経験した時は、病院で診てもらおう
978views

セックス中の頭痛を初めて経験した時は、病院で診てもらおう

セックス中の頭痛は、国際頭痛分類でも「性行為に伴う一次性頭痛」と名前が付くほど、経験者は意外と多いもので、命には別条ないものがほとんどです。ただし、中には、くも膜下出血や、脳内出血など、命に関わる場合もありますから、初めてセックス中の頭痛を経験した時は、病院で診察を受けた方がいいでしょう。

セックス中の頭痛経験者は、意外と多い

大きく二種類に分けられる

セックス中に激しい頭痛に襲われる

性に関する悩みや疑問などは、身近で親しい人にも、なかなか相談しづらいもので、一人で抱え込んでしまうことが多いものですよね。セックス中に激しい頭痛に襲われたことがある人の中にも、誰にも相談できずに一人で不安に思っている人がいるかもしれません。

しかし、実際のところ、セックス中に起きる頭痛というのは、意外と多くの人が経験したことのあるもので、国際頭痛分類という、世界における頭痛の研究の中でも、「性行為に伴う一次性頭痛」と呼称がついており、それほど珍しいことではないのです。

また、セックス中の頭痛は、その症状によって大きく二つに分けられており、一つはセックスの間に起きた頭痛が、性的な興奮が高まるとともに痛みが強くなり、オルガズムでピークを迎える、オルガズム前頭痛と呼ばれるもので、もう一つは、それまではなかった頭痛が、オルガズムの際に突発的に強い痛みを伴って起きるオルガズム時頭痛と呼ばれるものです。

痛みの持続時間は、一定ではなく、30分くらいで回復する場合もあれば、24時間近くも痛みが続く場合もあります。

薬の服用で予防できることもある

予防のためにセックスの前に頭痛薬などを服用するとよいと言われています

多くの人が経験したことがあるとはいえ、セックス中に頭痛が起きると、行為に集中することができなくなったり、途中でやめなければならないほど、痛みが強いこともありますから、なんとか解決策を知りたいところですね。

セックス中の頭痛の原因は、まだ解明されていない部分も多いですが、脳の血管が一時的に収縮した後に起こる血管の拡張に伴って痛みが起きているという説などがあります。

女性に比べ、男性に多く見られるのも特徴の一つで、また、片頭痛を持っている人と、もっていない人では、片頭痛を持っている人の方が圧倒的に経験することが多いようです。この頭痛を予防するためには、セックスの前に頭痛薬などを服用するとよいと言われています。

できれば、自己判断で服用するのではなく、医師に相談して処方してもらうといいでしょう。また、逆にセックスの前にバイアグラを服用すると、セックス中の頭痛が起きやすくなるとも言われていますから、片頭痛を持っている人は、気を付けたいものです。

こんな人は気を付けて

命に関わることもある

命に関わることも

セックス中の頭痛は、特に他の疾患を持っていない人であれば、強い痛みを伴うものの、多くの場合生死に関わるような病気に発展することはありません。

しかし、高血圧や動脈硬化症、糖尿病などの疾患を持っている場合は、性的興奮による血圧上昇が引き金となって、くも膜下出血や、脳内出血などの病気を引き起こすことがあり、これらは生死に関わるような重篤な状態になることもありますので、注意をしておくことが必要です。

初めて、セックス中に頭痛を経験した場合は、何らかの病気が頭痛の原因になっていないかを病院で診てもらった方がいいでしょう。セックス中の頭痛は、国際頭痛分類でも呼称がつけられるような症例ですから、病院を受診することを恥ずかしがったり、ためらったりする必要はありません。

自分の健康を守るためにも、また、不安を抱えたままのセックスでは、心身ともに満足を得ることはできませんから、パートナーとともに、充実した性行為をするためにも、自分の身体のことはきちんと調べておくことをお勧めします。

PR