排卵日の頭痛は解消できる!排卵時のメカニズムを知って対策しよう!!
774views

排卵日の頭痛は解消できる!排卵時のメカニズムを知って対策しよう!!

排卵日になんだかとっても頭が痛いと感じる方って多いのではないでしょうか。実は、排卵日、様々な体の不調が出てきます。ここでは、排卵日の頭痛がなぜ起こるのかを知り、対策を紹介します。この対策方法を知って、排卵日も快適に過ごしてくださいね。

排卵日の頭痛の原因は??

女性ホルモンの変化が原因

排卵日には体調の変化がある

排卵日の頭痛が起こる大きな原因は、女性ホルモンのエストロゲンの減少だと言われています。人は、頭痛が起こる時、血管が拡張して神経を刺激したり圧迫します。
一方、女性は、排卵日になるとエストロゲンというホルモンが減少し、血管の拡張を引き起こします。その結果、排卵前後でエストロゲンが減少し、脳の血管が拡張するので、頭痛が生じやすくなるという訳です。

女性は、頭の側面が痛くなる片頭痛に悩まされている方も多いです。実は、片頭痛も同じメカニズムで起き、やはり排卵前後にたくさんの方が痛みに襲われます。

排卵日の頭痛以外の症状は?

肩こりや吐き気など様々

上記では、排卵時の頭痛のメカニズムについて触れましたが、排卵の時は、女性ホルモンの変化によって、他にも、肩こりや吐き気、眠気、腰痛や腹痛などに襲われる方が多いようです。女性の体って不思議ですね。

排卵日に毎月不快な症状を感じるのは本当に辛いですよね。排卵日に不調がある方は、少しでも快適に過ごせるよう日頃から色々と対策をしてみることをおすすめします。

排卵日の不快な症状を軽減するには??

多くの女性は、排卵時に、頭痛をはじめ様々な症状に悩まされます。ここからは、頭痛はもちろん、その他の不快な症状を軽減する方法を紹介します。

ストレッチをする

骨盤を引き締めるストレッチ

月経が終わる頃と排卵の直前あたりに、骨盤を引き締めるストレッチを行うと不快な症状が多少改善されます。
具体的には、仰向けに寝て、足の親指同士をくっつけ、息を吐きながら足をあげ、床から10㎝ほど浮かせてキープしましょう。息を吐ききったらストンと下ろし、5分くらい寝たままの姿勢を保ちましょう。

上記で紹介したストレッチ以外にも、骨盤を締める効果のあるストレッチを積極的に行いましょう。毎日寝る前や朝起きてすぐに実践することが習慣化すると良いですね。

規則正しい生活をする

日頃から体調を整えるために、規則正しい生活をしましょう。特に、早寝早起きをすると、体質が変化して、排卵日の頭痛などのトラブルを感じにくい体に変化していきますよ。

普段から運動をする

体を普段から動かしていないと血行が悪くなり、筋肉が退化してしまいます。例えば、朝必ず決められた時間に早起きして、散歩をしたり、休日にスポーツジムに通ったりするのも一つの手です。

ウォーキングやジョギングは、時間がない方でも取り入れやすい運動です。毎日は難しくても、定期的に実践するようにしましょう。

アロマでリラックスする

アロマでリラックス

アロマでリラックスするのも効果的です。頭痛を緩和するアロマオイルは、ローズマリーやラベンダー、ペパーミント、カモミール・ローマンなどがあります。

頭痛を緩和させるアロマオイルを使って、ゆったりとした時間を過ごしましょうね。

コーヒーを飲む

頭痛の緩和に珈琲

コーヒーは、覚醒効果があると知られていますが、実は、血管に作用して、頭痛を解消し緩和する効果もあります。排卵日の頭痛はもちろん、日頃から片頭痛に悩まされている方にも効きますよ。

コーヒーは、普段の生活の中に取り入れやすいので、頭痛に悩んでいる方はぜひ習慣化してみて下さいね。

生理痛の薬を服用する

色々な方法を試しても、やっぱり頭痛が辛い時は、生理痛の薬を使用しましょう。生理痛の薬は、とても効果があり、特に鎮痛作用については非常に効果が高いです。

あまりにもひどい時は病院へ!!

排卵時の症状を緩和する方法を色々と紹介しましたが、毎月辛いようであれば、病院を受診しましょう。もしかしたら、悪い病気が潜んでいるかもしれません。

PR