髪が痩せて薄くなる前から実践して!若はげ対策のポイントとは?

若はげ対策は気になり出す前から!「あれっ!?」となってからでは手遅れだと声を揃える先人の方々に「続く」「続かない」はアナタ次第。ポイントは毎日のほんの僅かな心掛けと継続実践に他なりません。「だったらどうすれば?」を特別に伝授しましょう。

若はげは遺伝だけではない?

若はげ対策のポイントとは?

若はげは「家族の遺伝だから」と考える方は少なくないでしょう。しかし、必ずしも遺伝でハゲてしまうという事はありません。確かに遺伝とハゲの関係性は全くないわけではありませんが、全ての若はげにおいて遺伝が関係しているわけではないので、もし父親の髪が薄い場合でも悲観する必要はないでしょう。ただし安心しきってしまうと、思わぬ部分から抜け毛の原因が生まれてしまいます。少なくとも家族全体の髪質が柔らかい・細い・抜けやすいという状況であれば、しっかりとした若はげ対策をするようにしましょう。

若はげになりはじめた人の中でよく見られるのが、少しずつ抜け毛が増えていく光景を鏡で見ながら悲観する姿です。抜けてしまった毛の事や、現状の髪の薄さに悩み続けるのではなく、しっかりと前を見据えた行動を起こすようにしましょう。

キーポイントは生活習慣にアリ

シャンプーは”泡立ててから”が必須

若はげ対策に生活習慣を見直して

年齢問わず髪質が悪化してしまう原因の一つとして、生活習慣の乱れがあります。例えば入浴時のシャンプーを行う際、シャンプー液をそのまま髪にこすりつけてはいないでしょうか。また枕カバーはこまめに洗っていますか。日々の小さな部分から髪を傷める原因は潜んでいます。朝起きた時、抜け毛が増えたかなと思った時には、髪に直接触れる部分をよく見直してみるようにしましょう。髪は睡眠中に成長を行っています。くれぐれも妨げにならないような生活を行いましょう。

ファーストフードばかりの食事はNG

若はげ対策にはファーストフードばかりの生活はダメ

また食生活という部分においても、髪に与えるダメージの原因が潜んでいます。ファストフードや脂っこい肉料理などを毎日のように食べていると、余計な栄養素が皮脂となり毛根に詰まってしまい、髪の成長を妨げてしまいます。蓄積された皮脂は日々のシャンプーではなかなか取れないガンコな汚れでもあるため、本人の中では取り切れていると思っていても、実際は半分以上潜んでしまっている事も少なくありません。汚れを取ろうと爪を立てて洗ってしまうと、皮膚を痛めてしまいフケの原因となり、かえって逆効果になります。まずはぬるま湯でしっかりと表面の汚れを取ったあと、指の腹の部分で優しく洗い流してあげるとよいでしょう。

ストレスをなるべく溜めない生活を

guitar-756326_640

若はげになりやすい人は、仕事でのストレスを消化しきれずに持ち帰ってしまう、という話がよく聞かれます。ストレスは神経物質である「ノルアドレナリン」を生み出し、血流の流れを鈍くしてしまいます。それにより髪に与える栄養素を妨げてしまう恐れがあるため、こまめなストレス解消を行う事が大切です。しかし多くの方がストレス改善のために使用するタバコも、抜け毛の原因にも繋がるため、過度な使用は避けたほうがよいでしょう。一番良いのは、イライラした時などに外で頭を冷やすなど、物に頼らず自然にストレスを解消する方法を自分なりに考えておくことです。気持ちのコントロールが出来るようになると、必然的に髪に与えるダメージも減るため効果的です!

PR