諦めるな!自分に合ったM字はげの治療方法ではげを克服しよう!
184views

諦めるな!自分に合ったM字はげの治療方法ではげを克服しよう!


自分でおこなうM字はげ治療法

M字ハゲの治療方法

自分がはげ始めていると気が付いた場合、ほとんどの人が自分で何とか解決させようと考えるもの。額の剃りこみの角度がきつくなり、M字はげが気になりだした時に、まず最初に考えるM字はげの治療法は育毛剤などの市販されている育毛商品に頼る方法だと思います。育毛剤の多くは頭皮に栄養を与えて頭皮環境を改善させるものや、血流を良くして発毛を促すものですが、M字はげは男性ホルモンの一種である「テストステロン」と「5αリゼクターゼ」という変換酵素が結びつくことが原因と言われているため、近年ではこの2つ結合を阻害する成分が含まれる育毛剤も販売されています。

専門のクリニックに行ってM字はげの治療をすることに抵抗を感じ、育毛剤に頼ったり、効果があるとされる頭皮マッサージをするなどして自分で治そうとする人が多いようですが、症状の程度や原因などによって治療方法が変わるため、効果があるとされる方法をおこなったとしても、全ての人に同じような効果が現れるわけではありません。M字はげは早めに治療を開始することで、治るスピードが早くなり結果も現れやすいので、専門のクリニックに行って自分に合った治療方法を知ることが先決です。

クリニックでおこなう治療法

M字はげの人の約90%以上がAGA(男性型脱毛症)だと言われており、テレビなどのメディアの影響からAGA治療への意識が近年急速に高まっています。以前から比べると育毛を専門としたクリニックでM字はげの治療を受ける人も増えており、適切な治療を受けることで症状が改善されるケースも多いようです。

AGA治療の代表的な治療薬に、医薬品として認可をされているプロペシア(フィナステリド)とミノキシジルがあります。

クリニックでおこなわれるM字はげの治療方法は色々とありますが、一般的な治療方法は飲み薬や塗り薬を用いた方法です。M字はげの原因の多くを占めるAGAは、「テストステロン」と「5αリゼクターゼ」が結びついて発毛を阻害する「ジヒドロステロン」が作られことで起こると考えられているため、この2つの結合を防ぐ効果のあるプロペシア(フィナステリド)や、血行促進効果のあるミノキシジルを併用しておこなうことが多いようです。また、ストレスや感染症などが原因の場合は、原因に見合った塗り薬が処方されます。

進化する治療方法

shot-31144_640

クリニックでおこなわれるM字はげの治療方法には、頭皮に直接薬剤を注入する育毛メソセラピーという方法もあり、必要な部分に直接働きかけるため、飲み薬や塗り薬よりも効果が早く現れると言われています。また最新の治療方法の1つに毛髪の再生医療と呼ばれている「HARG療法」があり、幹細胞から抽出された育毛成分を直接頭皮に注入することで、治療を受けた人のほとんどが発毛を実感できると話題になっています。頭皮に直接注入することは少し怖いかもしれませんが、HARG療法は発毛の確立が高いだけでなく、後遺症もほとんどないと言われています。これらの治療を受けても効果が現れなかった場合には、植毛をするという方法もあり、大きく分けると自毛植毛と人口毛植毛の2つの種類がありますが、アフターケアや後々のトラブルのことを考えて自毛植毛を選ぶ人がほとんどです。

PR