いざという時はこの先生に頼りたい!脳外科の名医まとめ
1,741views

いざという時はこの先生に頼りたい!脳外科の名医まとめ

【脳外科の名医】突然判明した脳の病気・・・命に関わる重大な場所なのでなるべく腕のいい医師に手術をお願いしたい!そんなお悩みを持つ人にぜひ参考にしてほしい。テレビで名医と紹介されたスーパードクターはこの医師たち!

もし自分が脳の手術をするなら・・・

やはり命に関わる重要な場所なので、
実績ある信頼できる医師に手術をお願いしたいですよね・・・

b2f327520995aa6406f2b38948c4b850_s
脳疾患は年々増えており、今やかなりポピュラーな病気となっています。
でも、ある日自分に突然脳の疾患が判明し手術が必要と言われたとき、一体誰に執刀してもらえばいいのか心当たりのある人は少ないのではないでしょうか?
一歩間違えば命に関わる重大な場所だけにできれば手術の実績が多く腕の良い、信頼できる脳外科の名医にお願いしたいもの。

そんなとき、医師を探すための指針の1つになるのがテレビや雑誌などのメディアで多く取り上げられていることではないでしょうか。
今医師探しをされている方、またこれから脳の病気になったときのために知っておきたいという人にもぜひ参考にしてほしい、テレビや雑誌などでよく紹介されている脳外科のスーパードクターをまとめました。

テレビで紹介された脳外科の名医はこの医師たち!

76038609

✔福島孝徳 医師

脳神経外科の名医として今や世界中で知られている『神の手を持つ男』
日本を代表する脳腫瘍の名医。テレビの出演をはじめメディアでの紹介は数えきれない。

現在アメリカに在住し、年間600件を超える困難なケースの手術を行っている。
福島医師の技術の高さは自身が確率した手術手法、「鍵穴手術」によって明らかにされる。
これは頭部を大きく損傷することなく数センチの小さな穴をあけ、そこから顕微鏡を使って脳腫瘍を切除するというもので、非常に細やかな指先のコントロールが必要となるからである。

現在福島医師の活動の拠点はアメリカだが、日本でも年に数回帰国し、その都度他院で困難と判断された脳腫瘍手術を行っている。
有名な医師だけに手術の予約は殺到していると予想されるが、もし希望される人はまず以下のリンクから問い合わせされてみては。

✔上山博康 医師

『匠の手を持つ脳外科医』と呼ばれる脳血管手術の名医!
「カンブリア宮殿」や「主治医が見つかる診療所」など、数多くのテレビや雑誌で紹介されている日本を代表す脳外科医の1人。

間300件の脳動脈瘤のクリッピング手術を行っており、今まで執刀した手術は20000件近い。
他病院で手術が不可能と判断された難しいケースの手術を数多く成功させており、脳血管に関わる手術では日本一の名医との高い評価を得ている。
また、上述の福島孝徳が自分が脳血管の手術を受けるなら上山医師にと述べていることも、その高い技術を証明している。

《問い合わせ先》旭川赤十字病院脳神経外科北海道旭川市曙1条1-1-1 TEL0166-21-6228

medical-563427_640

✔坂井信幸 医師

開頭手術なしで手術ができる!
「マイクロカテーテル」を使った脳血管内治療の第一人者。

テレビ「プロフェッショナル仕事の流儀」「これが世界のスーパードクターシリーズ」などで紹介された脳血管内治療のスーパードクター。
坂井医師が行う手術の一番のメリットは「メスを入れない」こと。
動脈瘤に破裂の恐れがある場合、開頭して動脈瘤を取り除くのではなく、頬の血管からから細いカテーテルを通していき動脈瘤そのものを塞いでしまうという手法が用いられる。
カテーテルを通す際にもし血管を傷つければ大出血を起こし命に関わるため、高い技術を必要とする。

開頭手術に比べかかる時間も体への負担も少ないため患者にとってはありがたい手術方法である。
現在、坂井医師の診察を受けるためにはまずかかりつけの病院からFAXで予約の連絡をしてもらう必要あり。

《問い合わせ先》神戸市立医療センター中央市民病院神戸市中央区港島南町2-1-1 ℡078-302-4321

PR