脳に水がたまる病気 水頭症の原因と治療法
13,340views

脳に水がたまる病気 水頭症の原因と治療法

脳に水がたまる病気に水頭症があります。水頭症には先天性のものと、後天性のものがあります。先天性の水頭症は、子どもの時期に掛かり、非交通性水頭症とも呼ばれています。後天性の水頭症は交通性水頭症と呼ばれ高齢者の方が掛りやすいです。2つの水頭症についてご紹介しましょう。

子どもの水頭症と大人の水頭症

脳に水がたまる病気が水頭症です。水頭症には、先天性のものと後天性のものがあり、それらの2つの水頭症の病気について詳しくご紹介しましょう。

先天性の水頭症

先天性の水頭症【症状】
先天性の水頭症は、子どもの時期にあらわれ、非交通性水頭症と呼ばれています。どのように症状があらわれてくるのかというと、頭のサイズをはかることによって分かります。乳児健診のときには、頭囲をはかりますが、そのサイズが母子手帳に書かれている成長曲線から大きく外れているような場合に、見つかることがあります。先天性の水頭症は、頭囲の他にも頭蓋骨の継ぎ目が開いていたり、大泉門が張り出しているという特徴があります。また、日常で眠ってばかりいたり、頭痛やおう吐、発作などのけいれんが起こったりすることもあります。

【原因】
脳脊髄液が大量に作られたり、吸収が悪いために、頭がい骨内に水が溜まってしまいます。また、脳脊髄液の流れが悪くなることによって起こります。脳脊髄液の流れが悪くなる理由として、脳腫瘍や髄膜炎、脳出血などがあります。

【治療法】
どのような原因によって水頭症が起こっているかによって治療法が異なります。脳腫瘍が原因の場合は、腫瘍の摘出をしたり、脳と腹部をつなぐカテーテルを通して、脳髄液を流す手術が行われます。また、神経内視鏡をつかって脳に穴をあけて、第三脳室底開窓術でシャントを作る方法もあります。

後天性の水頭症

【症状】
高齢者の方で、歩き方がぎこちなくなったり、日常ぼんやりしてしまって失禁をしてしまったりすることがあります。これは、脳圧があまり高くない正常圧水頭症で、くも膜下出血や頭部のけがの後遺症としてあらわれます。また、特別な原因がなく、突発的に起こる方も1割程度いらっしゃいます。歩き方のぎこちなさや痴呆、尿失禁が主な症状です。

【原因】
くも膜下出血や髄膜炎の後遺症で水頭症となる場合は、脳の表面の癒着や炎症が原因となります。突発性の場合は、何も原因が見当たらないことが多く、物忘れが症状としてでるため、認知症と見間違われる可能性があります。

【治療法】
早期に手術をすることによって治療が可能な病気です。手術に適した時期に行うことで症状が改善します。手術方法としては、頭の中にたまっている水を、シリコンの管を通して他の部分に流れるようにします。頭からおなか、頭から心臓、腰椎からおなかと3つのタイプがあり、個人の症状によってどのタイプを選ぶのかが異なります。早期に手術をすることによって治療が可能な病気です

後天性の水頭症の治療後

後天性の水頭症は、手術後にすぐに改善がみられない場合もあります。ただ、徐々に改善がみられることがあるため、手術後にはリハビリをして身体的な機能を改善することが大切です。

水頭症の症状は、歩行障害、痴呆、尿失禁があります。歩行障害は手術をすることによって、90%近くの方が改善します。歩くことができるようになったら、毎日少しの時間で良いので散歩をすることを心がけましょう。散歩をすることで、いろいろなものを見たり触れたりできるため、脳への刺激になり痴呆の改善へとつながります。尿失禁に関しても、手術をすることで我慢できる時間が長くなるため、漏らすことが少なくなります。散歩をすることを心がけましょう

PR