頭皮に湿疹ができる原因とは?湿疹ができた際の対処法を紹介します
93views

頭皮に湿疹ができる原因とは?湿疹ができた際の対処法を紹介します

頭皮に湿疹ができた経験がある人はいませんか?頭皮に湿疹ができることは決して珍しいことではありません。では、頭皮の湿疹はどのようなことが原因でできるのでしょうか?頭皮湿疹の種類によって異なる原因と、湿疹が出来た時の対処法をまとめました。

頭皮湿疹とは?

頭皮湿疹の症状

頭皮湿疹とは?

頭皮に湿疹が出来た場合、耐えられないほどの頭皮のかゆみを感じます。鏡で頭皮を見てみると、赤くなっていたり湿疹が出来ています。かゆみを我慢できずに掻き毟ってしまうとフケのようなものが出てしまう…。こんな症状に心当たりはありませんか?

頭皮にかゆみがある場合、仕事や勉強に集中することが出来なくなり大きなストレスを感じてしまいます。また、フケが出ることによって見た目が不潔になってしまいます。このような症状は、頭皮湿疹の可能性が高いと言えるでしょう。

頭皮湿疹の種類と原因

頭皮に湿疹が出来た場合、考えられるのは脂漏性皮膚炎・接触性皮膚炎・アトピー性皮膚炎の3つです。頭皮湿疹の原因は、種類によって異なります。それぞれどのようなことが原因になるのかを見ていきましょう。

まず、頭皮に湿疹が出来た場合に最も多いとされるのが脂漏性皮膚炎です。脂漏性皮膚炎の原因は、カビの一種であるマラセチアという菌です。
カビと聞いてショックを受けるかも知れませんが、マラセチアは常在菌ですので誰もが持っています。何らかの原因によって頭皮に皮脂が過剰に分泌されると、マラセチアが繁殖して頭皮に湿疹が出来てしまいます。

皮脂が過剰に分泌されるのには、生活習慣が大きく関係しています。例えば乱れた食生活や睡眠不足、過度のストレスなどがこれに含まれます。
生活習慣が乱れるとホルモンバランスが崩れてしまい、それによって皮脂が過剰に分泌されるのです。脂漏性皮膚炎は、頭皮だけでなく顔や脇など皮脂腺が多い部位に起こりやすいと言われています。

刺激の少ないシャンプーなどを使用することで接触性皮膚炎を予防することができます。

シャンプー・リンス・カラーリング剤などが原因で頭皮に湿疹が出来た場合、接触性皮膚炎が考えられます。その人が持っているアレルギー物質に触れることによって湿疹の症状が表れます。
特にもともと敏感肌の人は接触性皮膚炎になりやすいため、新しいシャンプーなどを使う際にはパッチテストを行うことをおすすめします。また、普段から刺激の少ないシャンプーなどを使用することで接触性皮膚炎を予防することができます。

アトピー性皮膚炎はもともとアレルギー体質の人に多い頭皮湿疹です。頭皮が乾燥していると発症しやすく、アレルギー物質が触れることで湿疹ができます。症状は接触性皮膚炎とよく似ています。

自分でできる対処法

まずは原因を見つける

頭皮に湿疹が出来た場合、まずは原因を見つけることが大切です。生活習慣が乱れている、新しいシャンプーを使った、カラーリング剤を使ったなど原因は人によって違います。湿疹が出来た原因を見つけることで、症状の悪化や再発を防ぐことができます。

原因が分からない場合には、むやみに市販薬を使用せずに皮膚科を受診することをおすすめします。頭皮湿疹は掻き毟ることで症状が悪化していきます。そのため、耐えられないほどのかゆみを感じているのであれば、早めに皮膚科を受診して症状に合った薬を処方してもらいましょう。

日常生活の中でできる対処法

頭皮に湿疹が出来た場合、刺激を与えないことが大切です。具体的な対処法としては、刺激物を食べない・帽子や装飾品を外す・汗を放置しないことなどが挙げられます。また、常に頭皮を清潔な状態にしておくことがポイントとなります。

菌の繁殖を防ぐためにしっかりと髪の毛を乾かすことが大切

頭皮に湿疹がある場合は低刺激のシャンプーやリンスを使い、やさしく洗いましょう。洗い流す際にはぬるめのお湯がベストです。シャワーの温度は熱すぎても冷たすぎても刺激になります。
洗髪後は、菌の繁殖を防ぐためにしっかりと髪の毛を乾かすことが大切です。日常生活の中でこのようなことを心がけてみましょう。

PR