脳梗塞のサインってどんなもの?すぐに病院に行くべき?
146views

脳梗塞のサインってどんなもの?すぐに病院に行くべき?

脳梗塞のサインは、多くの場合現れるといいます。様々な脳梗塞のサインがありますが、放っておくと48時間以内に本格的に脳梗塞を発症することもあり、油断なりません。早めに病院を受診することで、脳梗塞の原因を薬で治療することも可能です。ここでは、脳梗塞の種類や対処法についてお話します。

脳梗塞のサイン、一過性脳虚血発作を放置すると恐ろしい理由

脳梗塞のサインである一過性脳虚血発作を見逃すと危険

脳梗塞のサインにも様々な形がありますが、それらは一過性脳虚血発作として起こっている可能性があります。脳血管に血栓が出来て血の巡りに異変が起きても、数十分もすれば回復する発作を一過性脳虚血発作というのです。
ただ一過性脳虚血発作が起きた場合、48時間以内に脳梗塞を発症する確率が高まります。だからこそ、脳梗塞のサインである一過性脳虚血発作を見逃すと危険なのです。

脳梗塞のサインの中には、めまいや立ちくらみ、物忘れなど、日常的に発生しやすい症状もあります。
しかし、複数の症状が同時に発生するようなことがあれば、明らかにおかしいと感じるでしょう。脳梗塞になれば、そのまま死んでしまうリスクもあるため、侮らず速やかに病院へ行くようにすることが大切です。

脳梗塞のサインとして出やすい発作の症状とは

脳梗塞のサインとして出やすい発作の症状とは

具体的に、脳梗塞のサインである一過性脳虚血発作の症状の種類を挙げてみましょう。めまいや立ちくらみ、頭痛や吐気、耳鳴りなどは、他の症状と合わせて発生したときには特に気をつける必要があります。突然ろれつが回らなくなったり、脱力してしまうのにも要注意です。

頚動脈に血栓ができると、急に意識を失うこともあります。物の見え方に異変が生じて、視界がだぶったり欠ける兆候が出るときもあります。鏡を見ているときに頬が垂れ下がっているように感じたら、顔の片麻痺が起こっているかもしれません。
歯が片側に引きつる気がするのも、脳梗塞のサインの可能性があります。そんなときは、腕を前に伸ばして片側だけ下がらないか試してみてください。口が閉まらない、物が飲み込めないというときも、麻痺が出ている証拠です。

脳梗塞のサインは繰り返し起こる?自分で確認する方法

セルフチェックをしてみるのも脳梗塞のサインの確認方法

一過性脳虚血発作は24時間以内におさまる特徴がありますが、何度も繰り返し発生するのも特徴です。再発を繰り返すことによって脳梗塞の発症を高める危険性もあり、十分に注意することが必要です。
脳梗塞のサインが出た後、本当に脳梗塞が起こる可能性は15%から20%だとする説もあり、うち半数は48時間以内に脳梗塞を発症しているというのです。

一方で、脳梗塞のサインが出た時にすぐに病院で治療を始めれば、90日以内の脳梗塞の発症率はかなり低下するといわれています。
顔面に麻痺が出ていないか、鏡の前で笑ってみて片側が引きつっていないか、両腕を前に上げてみて片側が何故か下に落ちてしまわないか、ラ行の発音を正しくできるかなどで、セルフチェックをしてみるのも脳梗塞のサインの確認方法です。

脳梗塞のサインが出やすい傾向があるのはどんな人?

脳梗塞のサイン、つまり一過性虚血発作が出やすい人は、血管系の病気にかかっていることが多いものです。例えば、高血圧や高脂血症、糖尿病などの人は、合併症として一過性虚血発作になるリスクが高いのです。

もちろん脳梗塞を発症する危険性も高いということで、高血圧の人などは十分に注意しているでしょう。しかし中には、自分が高血圧かどうか認識していない人もいます。

脳梗塞のサインが出て病院に行けば合わせて各種生活習慣病の検査も行うのが一般的ですが、日頃から定期健診を受けて健康管理を心がけることも大切です。脳梗塞は後遺症が出ることも多い恐ろしい病気とはいえ、前兆に気付いていれば防げる病気でもあることを忘れないでおきましょう。

PR